movie閲覧

映画好きな方の情報を、まとめます。
また、ドラマ・芸能も、まとめます。
他の事も構いません。宜しくお願いします。

    映画🎥の事でも良いですが、他の事も書いてください。


    片寄涼太、開花宣言と共に公開された「プリレジェ」ヒット願う「長く咲き続けたい」 | ニコニコニュース



    【元記事を音楽ナタリーで読む】

    本日3月21日に映画「PRINCE OF LEGEND」の初日舞台挨拶が行われた。

    【大きな画像をもっと見る】

    PRINCE OF LEGEND」は「HiGH&LOWシリーズを手がけたHI-AXが企画原作を、EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサーを務めるメディアミックスプロジェクト劇場版。圧倒的なルックスを誇る個性豊かな王子たちが、セレブ中のセレブが集う名門・聖ブリリアント学園で3年に1度開催される「伝説の王子選手権」の優勝者に贈られる称号“伝説の王子”の座をかけてバトルを繰り広げる。初日舞台挨拶にはセレブ王子・朱雀奏を演じた片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)をはじめとする14人の王子に加え、「伝説の王子選手権」の命運をにぎるヒロイン・成瀬果音役の白石聖も登場。公開初日というこの映画にとって記念すべき日を華やかに彩った。

    最初にマイクを取った片寄が「桜の開花宣言が行われたとニュースがあって、こんな日に初日を迎えられてすごくうれしいです。それにちなみまして映画が開花宣言ということで……」と話すと、鈴木伸之は「またうまいこといいますね」とツッコんで会場の笑いを誘う。続けて片寄は「でもこの桜(=映画)はもっともっと長く咲き続けたいと思います。皆さんに温かく応援していただき、何度も観ていただきたい」と映画のヒットを願った。佐野玲於は「ごきげんよう」と生徒会長王子・綾小路葵になりきって挨拶し、「僕はこの作品で初めて生徒会というものに触れたんですよ。学生時代は生徒会というよりは保健係……余り物の係をやっていたので、生徒会長ができてうれしかったです」とコメント。そして「日頃からから子分として(関口)メンディーくんは働いてくれてるんですけど、作品でも働いてくださった。普段からの僕らの友情が作品に出ているかなと。では子分からひと言」と関口メンディーバトンを渡した。生徒会長王子を守る金髪SP王子・ガブリエル笹塚役の関口は「かれこれ3年くらいキラキラ映画に出たい、学生役をやりたいと言っていて。『学園ど真ん中で恋愛をしたい』という夢が叶ってありがたい気持ちでいっぱいです」と念願の学園モノへの出演が叶った喜びを噛みしめる。THE RAMPAGE from EXILE TRIBE川村壱馬吉野北人藤原樹長谷川慎は本作が映画初出演とあって、フレッシュなコメントで会場を沸かせていた。

    白石が「PRINCE OF LEGEND」関連のイベントに出演するのはこれが初めて。ひさびさに白石と顔を合わせたという片寄は「相変わらずこいつは冷てえなと思いました。『ひさしぶり』って言っても『どうも』くらいの感じ。またこれかと」と劇中と同じくドライな態度に驚いたそう。白石が「フレンドリーに接したつもりなんですけど……」と食ってかかると、佐野は「公共の場なのでケンカはやめてもらえますか」と2人を制した。

    プリンセス”と王子たちの再会が果たされ、イベントは「PRINCE OF LEGEND」に登場する王子のイラストを募集する企画「王子がイラストで大渋滞!! 王子絵コンテスト」の優秀作品発表のコーナーに。集まった“王子絵”の中からチームごとに選出した優秀作品が発表され、第1話でのワンシーンを切り取ったイラストを挙げた「Team奏」の3人は実際にステージ上でそのポーズを取って歓声を浴びた。

    その後、王子たちは白石の似顔絵を描く「お絵かき選手権」に挑戦。王子たちがイラストを描く中、白石の“推し王子”が町田啓太演じる先生王子・結城理一だということが明かされると、町田は驚いた表情を見せ「一番危ないですよ! これで下手な絵は描けないな……」と再びフリップにペンを走らせる。片寄や塩野瑛久が白石に近付いて似顔絵を描く中、なぜか町田と佐野は関口の頭を観察しながら似顔絵を描く。制限時間が終わり、王子たちは一斉に絵を発表。14人が描いた似顔絵を吟味した白石は、塩野を「絵心王子」に認定し、町田を「ド下手王子」に選んだ。見事「絵心王子」に輝いた塩野は「ヒロインの座を明け渡しますってことでいいですか?」と白石に問いかけるも、「それは……」と断られて撃沈。「置きにいった」ことを理由に「ド下手王子」に選ばれた町田は「僕の全力だったのに……本気出して『置きに行った』って思われたならしょうがない!」と凛々しい表情で負けを認めた。

    イベントの最後に片寄は「自分ごとですが、両親の結婚記念日で、そんな日に自分が携わった作品の公開を迎えられて親孝行できたかなと。皆さんのおかげです」と来場者に感謝の意を述べた。また本作にGENERATIONSのメンバー・白濱亜嵐が出演していることを「皆さん、気付いてないと思いますが白濱亜嵐が出演しております」とをしらじらしく発表し、佐野は白濱がGENERATIONSのバラエティ番組で“不正リーダー”と呼ばれていることから「いよいよ映画化ってなったときに、ヤツが冒頭に出てくる。これは不正です!」とファンを笑わせる。片寄はそれにかぶせるように「不正レベルの出演をしているということで……詳細は明かされていませんが、存在を確認しに劇場に足を運んでいただけたらと思います」と語った。

    (c)「PRINCE OF LEGEND製作委員会 (c)HI-AX ALL Rights Reserved.

    “あのシーン”を再現する片寄涼太、飯島寛騎、塩野瑛久。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【片寄涼太、開花宣言と共に公開された「プリレジェ」ヒット願う「長く咲き続けたい」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    グラドル咲良七海、見どころは浴衣シーン「思い出になりました」 | ニコニコニュース



    女優としても活躍、2019年注目のグラビアアイドル咲良七海(さくら ななみ)が、2月22日ファーストDVD「10センチより、そばにいて」(リバプール)を発売。東京・秋葉原ファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

    【写真を見る】しっとりとした雰囲気の浴衣姿

    出来上がった作品を手にした咲良は「すごく緊張しましたけど、撮影は楽しかったので、いい体験になりました。グラビアはすごく楽しくて、素で楽しめるので大好きなお仕事です」と初々しくあいさつした。

    昨年11月頃に沖縄・宮古島で撮影された本作。「すごく近い距離で楽しんでいただける作品だと思います。彼氏と一緒にデートしたり、海に行ったり、一緒に過ごしている感じです」と作品を紹介。

    印象的だったシーンについては「キレイな夕日のシーンがあって、すごくロマンチックだなと思って。赤い水着を着ている場面なんですけど、夕日の中で撮りました」と撮影を振り返った。

    中でも一番見てほしいところは浴衣の場面だという。「浴衣をお仕事で着るのが初めてだったので思い出になりました」と笑顔を見せていた。

    そんな1st DVDには「85点」を付けた咲良。「すごく自然に楽しめたというのが個人的には大きいです」と理由明かすとともに、今後の活動に関しては「これからグラビアも頑張っていきたいと思います。役者としてもグラビアアイドルとしても成長していけたらと思います。

    目標? 有村架純さんが大好きで、中学校の時から大好きだったんですけど…まだお会いできていないので、お仕事でお会いできる時があればなと、そのために頑張ります!」と目標を掲げていた。

    咲良は1999年1月22日生まれ、新潟県出身の現在20歳。グラビアの他、映画や舞台にも出演するなど注目を集めている。(ザテレビジョン

    DVD発売イベントに登壇した咲良七海


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【グラドル咲良七海、見どころは浴衣シーン「思い出になりました」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    【ポスター予告編
    『僕に、会いたかった』
    5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

    EXILETAKAHIRO主演『僕に、会いたかった』より、新たなポスタービジュアル予告編が到着した。

    本作には、記憶を失くした漁師・徹を演じるTAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今が旬の若手俳優たちが出演。松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支える。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センス定評がある錦織良成。島根県隠岐の島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動の人間ドラマだ。

    予告編には、 静かに涙を流すTAKAHIROの姿が映し出されている。

    ストーリー

    ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救える のだろうか?その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな 男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。

    公開情報

    『僕に、会いたかった』
    5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
    TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以 小市慢太郎 /松坂慶子
    監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳 編集/栗谷川 純 配給/LDH PICTURES
    (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会  bokuai.jp
    2019 年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96 分

    他の記事も読む

    関連記事

    TAKAHIRO「怒られるのが怖い」と全裸断念?『HiGH&LOW THE RED RAIN』舞台挨拶
    TAKAHIRO「マヌケとスケベが止まらない」『HiGH&LOW THE MOVIE』大ヒット舞台挨拶
    アクション、イケメン、大団円!『ハイロー』ここに完結!!
    『ハイロー2』の波は乗るっきゃない!これは間違いなく現代の邦画最高水準だ!!
    真のイケメンは壁ドンをせずに自身が壁になる!『HiGH&LOW THE RED RAIN』 3大魅力はこれだ!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『僕に、会いたかった』新ポスター&予告編|TAKAHIRO、涙のわけ】の続きを読む



    NO.3770272
    ゴジラの映画について語ろう!
    初代ゴジラは名作だ

    【ゴジラの映画について語ろう! - 映画掲示板|爆サイ.com関東版】の続きを読む



    NO.7338564
    松田優作の映画
    どこかで間違えてる

    【松田優作の映画 - 映画掲示板|爆サイ.com関東版】の続きを読む



    NO.3499674
    映画『カイジ』シリーズ
    映画 カイジ シリーズ について

    主演 : 藤原竜也

    【映画『カイジ』シリーズ - 映画掲示板|爆サイ.com関東版】の続きを読む



    NO.7338750
    ショーンコネリー主演映画
    2006年まで数多くの名作に出演

    【ショーンコネリー主演映画 - 映画掲示板|爆サイ.com関東版】の続きを読む


    『映画』について画像をまとめてみた


    ボリウッド名物「唐突ダンス」下火に?変わるインド映画 - 朝日新聞
    インドは世界トップの製作本数と観客動員数を誇る映画大国だ。作品群はカレーの種々のスパイスのように、1本の作品にアクションやコメディー、ロマンスなどが混じり合っ ...
    (出典:朝日新聞)



    (出典 www.eigakan.org)



    【『映画』について画像をまとめてみた】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/03/21(木) 10:54:19.80 ID:h8bSW/vi9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2131992/full/
    2019-03-21 10:22

     ピエール瀧容疑者の逮捕にまつわるドラマ出演シーンの差し替えや電気グルーヴのCD回収などが広がるなか、出演映画『麻雀放浪記2020』(東映)が、出演シーンのカットや差し替えなど一切なくノーカットのまま当初の予定通り4月5日に公開されることが決定した。“作品に罪はあるのか”論争に対して、映画というメディアにおけるひとつの答えを明示したカタチになる。

     これに対して異を唱える声はほとんどなく、概ね好意的に受け止められているように見える。しかし、一部映画ファンを除いて、モヤモヤしたものが残るのも実情だろう。同作のメガホンをとった白石和彌監督も、3月20日の午前中に行われた公開決定会見では「ベストの状態(ノーカット)で公開したかった」と語っていたが、同日夜のイベントに出席した際には「今でもこの決断が正しかったのかわからない」と複雑な心境を吐露していた。

     配給の東映の見解の通り、映画というクローズドの有料メディアにおいて、観客の判断にまかせるというのは正論だ。そもそも映画には、テレビなど公共メディアでは発信できないような制作者のメッセージを映像として伝えるメディアとしての使命がある。歴史を振り返れば、テレビでは伝えられないであろう映像表現で社会を動かした作品も多く生まれている。東映は、本作もそんなメディアで発信すべき作品のひとつと判断しているのだろう。

     そして、もちろん作品に罪はない。罪があるのはピエール瀧容疑者だけだ。しかし、とくに映画に明るいわけでもない、世の中の大多数の一般層にとっては、禁止薬物摂取という反社会行為を行っていた犯罪者が出演している作品というイメージがあるのも事実。作品にクレジットされることによるマイナスを懸念する出資企業が出るのは当然だろう。

     公開決定会見で東映の代表取締役社長・多田憲之氏は「製作委員会では議論が続いている」とし、ノーカット公開に関しては東映の判断で決定したことを強調していた。同社の紀伊宗之プロデューサーは、製作委員会の出資企業が今後、抜けることも想定し、その賠償請求についてピエール瀧サイドと交渉をはじめていることを明かした。多田社長は「東映の株価が多少下がることは覚悟している」と、映画会社としての矜持をつらぬくために腹をくくっていることを示していた。

     厳しい状況のなかで難しい決断を下した東映だが、事件発覚後の自粛一辺倒の流れに一石を投じたことは間違いない。これが今後、どのような波紋となってシーンに広がるか注目したい。


    (出典 news.walkerplus.com)


    【【芸能】“作品に罪はあるのか” 論争に東映が示した映画メディアとしての答え 波紋はどう広がるか】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/03/20(水) 19:54:51.88 ID:B+GEDLI69.net

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/03/20/0012164874.shtml
    2019.03.20

     *取締法違反容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者(51)の出演作で、予定通り4月5日にノーカットで公開されることが発表された映画「麻雀放浪記2020」の完成報告イベントが20日、東京・新宿で行われた。

     主演の斎藤工(37)をはじめ、竹中直人(63)、ベッキー(35)、もも(25)、白石和彌監督(44)が、約500人のファン、報道陣も約100人が集まった。

     斎藤は「けさ、公開すると発表されるまで、本当にどうなるかわからず不安でした。皆さんに笑顔で迎えていただき、ほっとした気持ちでいっぱいです」と挨拶し、拍手を浴びた。

     ベッキーは「現場で携わっていらっしゃるみなさんの頑張りをみていた者として、公開されることに安堵しています」と語った。映画を「なにこれ?よくわかんない。どう、そしゃくすればいいのという作品です」と説明。瀧容疑者が逮捕された時には「いろいろな覚悟をしました」と明かした。

     瀧容疑者は、東京オリンピック組織委員会の元会長役で出演している。配布されたパンフレットにも名前が記載されていた。


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【映画】ベッキー 瀧容疑者逮捕で「覚悟した」「公開に安堵」…「麻雀放浪記2020」完成披露で】の続きを読む


    350年前に人工的に掘られた洞窟の「濃溝の滝」 インスタ映えでも話題 /君津市
    350年前に人工的に掘られた洞窟の「濃溝の滝」 インスタ映えでも話題 /君津市
    アニメ映画のワンシーンのような神秘的な世界。君津市笹にある亀岩の洞窟は、「濃溝(のうみぞ)の滝」の名で広く知られるようになりました。洞窟は水田耕作の…
    (出典:千葉(チバテレ))



    【『映画』についてTwitterの反応】の続きを読む


    プーさん好きの「推しアイテム」がオトナかわいくて使える♡



    【プーさん好きの「推しアイテム」がオトナかわいくて使える♡】の続きを読む


    『舟を編む』の石井裕也監督最新作も!「注目映画」予告解禁



    【『舟を編む』の石井裕也監督最新作も!「注目映画」予告解禁】の続きを読む



    1 muffin ★ :2019/03/21(木) 10:54:19.80 ID:h8bSW/vi9.net

    https://www.oricon.co.jp/news/2131992/full/
    2019-03-21 10:22

     ピエール瀧容疑者の逮捕にまつわるドラマ出演シーンの差し替えや電気グルーヴのCD回収などが広がるなか、出演映画『麻雀放浪記2020』(東映)が、出演シーンのカットや差し替えなど一切なくノーカットのまま当初の予定通り4月5日に公開されることが決定した。“作品に罪はあるのか”論争に対して、映画というメディアにおけるひとつの答えを明示したカタチになる。

     これに対して異を唱える声はほとんどなく、概ね好意的に受け止められているように見える。しかし、一部映画ファンを除いて、モヤモヤしたものが残るのも実情だろう。同作のメガホンをとった白石和彌監督も、3月20日の午前中に行われた公開決定会見では「ベストの状態(ノーカット)で公開したかった」と語っていたが、同日夜のイベントに出席した際には「今でもこの決断が正しかったのかわからない」と複雑な心境を吐露していた。

     配給の東映の見解の通り、映画というクローズドの有料メディアにおいて、観客の判断にまかせるというのは正論だ。そもそも映画には、テレビなど公共メディアでは発信できないような制作者のメッセージを映像として伝えるメディアとしての使命がある。歴史を振り返れば、テレビでは伝えられないであろう映像表現で社会を動かした作品も多く生まれている。東映は、本作もそんなメディアで発信すべき作品のひとつと判断しているのだろう。

     そして、もちろん作品に罪はない。罪があるのはピエール瀧容疑者だけだ。しかし、とくに映画に明るいわけでもない、世の中の大多数の一般層にとっては、禁止薬物摂取という反社会行為を行っていた犯罪者が出演している作品というイメージがあるのも事実。作品にクレジットされることによるマイナスを懸念する出資企業が出るのは当然だろう。

     公開決定会見で東映の代表取締役社長・多田憲之氏は「製作委員会では議論が続いている」とし、ノーカット公開に関しては東映の判断で決定したことを強調していた。同社の紀伊宗之プロデューサーは、製作委員会の出資企業が今後、抜けることも想定し、その賠償請求についてピエール瀧サイドと交渉をはじめていることを明かした。多田社長は「東映の株価が多少下がることは覚悟している」と、映画会社としての矜持をつらぬくために腹をくくっていることを示していた。

     厳しい状況のなかで難しい決断を下した東映だが、事件発覚後の自粛一辺倒の流れに一石を投じたことは間違いない。これが今後、どのような波紋となってシーンに広がるか注目したい。


    (出典 news.walkerplus.com)


    【【芸能】“作品に罪はあるのか” 論争に東映が示した映画メディアとしての答え 波紋はどう広がるか】の続きを読む



    1 Yさま :2019/03/21(木) 11:02:59.29 ID:EUX8B/PC.net

    ※AV、アニメは除く


    【エロくて面白い映画を教えて】の続きを読む

    このページのトップヘ