movie閲覧

映画・ドラマ・芸能情報を、まとめるサイトです。
特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
宜しくお願いします。

    特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
    映像等も載せます。

    カテゴリ: 女優

             


    (出典 grapee.jp)



    1 jinjin ★ :2021/10/21(木) 06:16:42.59

    戸田恵梨香、来秋公開映画と来春主演ドラマを降板 長期休養の可能性も


    女優の戸田恵梨香(33)が、12月にクランクイン予定だった映画と来年4月スタートの主演ドラマを連続降板していたことが20日、分かった。
    精神的な不調によるものとみられ、病状によっては長期休養の可能性も浮上している。


    戸田が出演予定だったのは来年秋公開の大作映画。
    関係者によれば、最近になって突然、所属事務所から出演をキャンセルしたいとの電話が製作サイドにあったという。

    「理由に関しては精神的な不調と説明があったそうです。急な話だったので現場は対応に追われています」(製作スタッフ)。
    クランクインまで1カ月あまりのため代役探しを急ピッチで進めているという。


    民放キー局の4月期の主演ドラマも降板を申し出たことが明らかになった。
    こちらはさまざまなヒット作を生んでいる人気枠で、事務所から「精神的な不調のため降りたいとの話があった」(テレビ局関係者)という。

    4月期の連続ドラマは年が明けてから撮影に入ることが多く、この時期の降板の申し入れは休養となれば長期に及ぶ可能性がある。
    スポニチ本紙取材に所属事務所は「(担当者から)折り返します」としたものの、その後回答はなかった。


    戸田は7~9月に放送された日本テレビ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で永野芽郁とダブル主演。
    最終回の世帯視聴率が12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど好評だったが、こちらでも“異変”が見られたという。

    同ドラマの制作スタッフは「9月の撮影終盤になって、スケジュールが戸田さんの都合で度々変更になった。一体どうしたんだろう?と周囲の人たちも心配していました」と明かした。


    戸田は19年後期のNHK朝のテレビ小説「スカーレット」のヒロインを務めたほか、これまでフジ「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命」シリーズなど数多くの人気ドラマに出演。
    昨年12月には、15年の映画「エイプリルフールズ」で共演した俳優の松坂桃李(33)との結婚を発表し大きな話題となった。


    人気女優のあまりにも突然の降板劇。
    事務所の正式発表が待たれるところだ。


    ≪深キョンは適応障害で3カ月休養≫
    最近休養を取った芸能人には、女優の深田恭子(38)がいる。深田は昨年春ごろから体調を崩しがちになり、今年5月に日常的なストレスなどにうまく対処できずに社会生活に支障をきたす「適応障害」と診断された。
    このため、主演する予定だった7月期のフジテレビドラマ「推しの王子様」を降板。約3カ月間の休養を経て、先月2日に活動を再開している。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/ac02ce9920341219b62ceb267e35c7e0f7f7903f


    【【芸能】戸田恵梨香、来秋公開映画と来春主演ドラマを降板】の続きを読む

             


    (出典 news-img.dwango.jp)



    1 Egg ★ :2021/10/20(水) 06:21:25.94

    「2作も突然降板するというのはあまり聞いたことがないので、スタッフの間でも戸田さんに“何かあったのでは?”と不安が広がっているそうです」

    不安げにこう語るのはある映画関係者。今、映画、ドラマ関係者の間で戸田恵梨香(33)の身を案じる声が広がっているというーー。

    00年のデビュー以来、数々の話題作に出演し、19年度後期の朝ドラ『スカーレット』(NHK)ではヒロインを務めた戸田。さらに永野芽郁(22)とW主演を務めた今年7月クールの連ドラ『ハコヅメ』(日本テレビ系)は平均視聴率11%を超えるなど、“視聴率女王”の名をほしいままに。

    プライベートも絶好調だ。昨年12月、同じく演技派として知られる俳優・松坂桃李(33)との結婚を発表。芸能界最強の“同い年夫婦”として、ともに目覚ましい活躍を見せていた。

    『ハコヅメ』後の出演作がまだ報じられていない戸田だが、実は水面下で異変を迎えていたという。前出の映画関係者は言う。

    「戸田さんは歴史モノに定評のある大御所監督の主演映画の撮影に来月から入る予定でした。しかし、10月中旬になって突如、降板を申し入れたそうです。クランクインが迫っていることもあり、急遽、主演は某有名女優へ代役が決まったといいます。

    詳しい理由は明らかにされていませんが、事務所は近く休養を発表すると聞いています」

    撮影を目前に控えての降板申し入れ。驚くことに降板はこれだけではないようで……。

    「実は、来年4月から女性に人気のドラマ枠で主演する予定でしたが、そちらも急遽降板したいと、戸田さんサイドから申し入れがあったそうです。放送の半年前に降板を申し入れるのはよっぽどのことなので、戸田さんの体調を心配する声が相次いでいます」(テレビ局関係者)

    これらの事実について戸田の所属事務所に、何度か問い合わせをしたものの期日までに返答はなかった。

    いったい、戸田の身に何が起こったのかーー

    女性自身 10/20(水) 6:06
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0a0d7fe9cac64c3b3a7d4179611f86ca30ce2d43

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【【芸能】戸田恵梨香に.なにが起こった?】の続きを読む

             


    (出典 blog-imgs-139.fc2.com)



    1 なんてったって名無しさん :2019/02/03(日) 09:33:31.06

    当時の定番の*ーネタが、聖子の赤ビキニと、明菜の青ビキニ。
    歌やテレビでも、聖子と明菜が激しくアイドルの女王の座を競いあったこの頃。
    一人の女としても互いの身体と性を比べる感じに激しく奮い立った。

    個人的には聖子ファンでしたが、お世話になるのは明菜が多かった。
    当時の明菜の3サイズは、80-52- 85。
    数字だけでも抜けそうなのに、アンダー65のDカップと自慢げに語るほどの超肉体派。
    おまけに、もだえるような仕草や、男好きする視線など、抜きどころ満載だったから。


    【松田聖子 VS 中森明菜】の続きを読む

             


    (出典 i.daily.jp)



    【めるる、ガチで可愛すぎる】の続きを読む

             


    (出典 hochi.news)



    1 湛然 ★ :2021/10/14(木) 05:36:58.17

    松田聖子が初監督したホラー作品、予告公開 東京国際映画祭で初お披露目
    公開日:2021/10/14 04:00 クランクイン!
    https://www.crank-in.net/news/95153/1
    映画『フォークロア2:あの風が吹いた日』場面写真(C)2021 HBO Pacific Partners, v.o.f Folklore is a service mark of HBO Pacific Partners, v.o.f. All rights reserved.

    (出典 www.crank-in.net)


    ●フォークロア・シリーズ2『お出かけ』『あの風が吹いた日

    (出典 Youtube)



     松田聖子の監督デビュー作で、10月30日からの第34回東京国際映画祭にて世界初披露となる映画『フォークロア2:あの風が吹いた日』より、予告編と場面写真が解禁された。

     『フォークロア』シリーズは、『ゲーム・オブ・スローンズ』などで知られるHBOが展開するHBOアジアのホラーアンソロジーシリーズ。斎藤工と松田聖子が共演した『家族のレシピ』(2018)などで知られるシンガポールの巨匠監督エリック・クーが製作総指揮を担当する。

     シーズン1では、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイの6ヵ国の気鋭監督が、古くから伝わる伝承を基に各国の文化や社会問題についてひもといた作品が上映され、日本からは主演として北村一輝、監督として齊藤工が参加した。

     シーズン2では監督が一新され、タイのシティシリ・モンコルシリ監督、台湾のシー・ハン・リャオ監督、フィリピンのエリック・マティ監督、インドネシアのビリー・クリスチャン監督、シンガポールのニコール・ミドリ・ウッドフォード監督、マレーシアのブラッドリー・リュー監督、そして日本からは松田聖子が監督を務める。今回、東京国際映画祭では、シーズン2の7本のうち、ニコール・ミドリ・ウッドフォード監督作『お出かけ』、松田聖子監督作『あの風が吹いた日』の2作品が上映される。

     『フォークロア2:あの風が吹いた日』は、「高校生のミカは、憧れの歌手KENのコンサートに行くためにアルバイトに励んでいる。ある日、ミカは公園でひとりの男がギターを弾きながら歌を作曲しているのに居合わせる。アドバイスを求められたミカは、その男がKENであることに気づく」という、一見ファンタジックなラ*トーリー。森崎ウィンがKEN役、高橋春織がミカ役を務めるほか、モト冬樹、木村多江などが出演している。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【映画】松田聖子が初監督したホラー作品、予告公開】の続きを読む

             


    1 湛然 ★ :2021/10/13(水) 05:11:14.82

    26歳土屋太鳳セーラー服姿でイベント登場「ファンクラブだから着てきた」
    [2021年10月12日19時6分] 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202110120000772.html

    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.nikkansports.com)



    女優土屋太鳳(26)が12日、都内で主役の声を演じるアニメ映画「アイの歌声を聴かせて」(29日公開)の土屋太鳳ファンクラブ「Taohoney&moon」会員限定特別イベントに出席した。

    土屋は、高校に転入してきた謎の美少女シオンの声を演じる。抜群の運動神経と天真らんまんな性格で人気者になるが、実は試験中のちょっぴりポンコツなAIで、大騒動を巻き起こしてしまうハートフルエンターテインメント。

    シオンをイメージしたセーラー服姿で登場した、土屋は「現在26歳なんですけど“シオンリスペクト”ということで、この衣装を選びました。2年前に高校生役を卒業させてもらったので、制服はもう着ないだろうなと思っていたんだけど、ファンクラブ(の集まり)だからと、着てきました。でも、マスコミがこんなにいるのは想定外でした。今月はハロウィーンなので楽しんでください」と笑顔を見せた。

    吉浦康裕監督(41)は「アニメを作る者の夢。二次元のキャラクターが三次元に降臨して来るのは」。劇中歌も歌う土屋について「いろいろ歌っていただきました」。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【映画】26歳・土屋太鳳セーラー服姿でイベント登場】の続きを読む

             


    (出典 cdn.asagei.com)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/10/06(水) 10:58:47.006

     女優の広瀬アリス(26)が4日放送のフジテレビ系「ネプリーグSP」(月曜後7・00)に出演。映画監督の名前を答えるクイズに答えられず、ぼう然とする場面があった。

     広瀬はこの日スタートのフジテレビ月9ドラマ「ラジエーションハウス2~放射線科の診断レポート~」(月曜後9・00、初回は90分スペシャル)に出演メンバーとともに、ファーストステージ「ネプゴーラウンド」の2回戦「15連続正解を止めるな」に挑戦。「顔と作品名を見て映画監督を答えろ!」の問題が出題されると、「はぁ?」と思わず声が出た広瀬は手で口を覆いながら「最悪だ」とポツリ。

     「シン・エヴァンゲリオン劇場版:II」の監督の名前を答える問題が出された広瀬は「どなた?」とキョトン顔。再度「この監督は?」と回答を求められるも「誰?」と笑った。最後は「はぁーい」と両手を広げて諦めた。答えることができなかった広瀬は「いや、ちょっと自分エヴァ見てないんですよ」と顔をしかめた。

     本田翼(29)が「庵野秀明さん」と監督の名前を答えると、広瀬は「あー、一生会えないかも」と力なく発して、ぼう然としていた。

    https://www.google.co.jp/amp/s/www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/10/04/kiji/20211004s00041000468000c.html%3famp=1


    【広瀬アリスさん、エヴァンゲリオンの監督を知らない】の続きを読む

             


    (出典 stat.ameba.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/27(月) 11:27:27.72 ID:CAP_USER9.net

    9/27(月) 11:16配信
    日刊スポーツ

    滝沢カレン(2017年10月2日撮影)

    モデルでタレントの滝沢カレン(29)が、“ぎっくり首”になっていたことを明かし、「もう、心配はほんとに大丈夫です」とつづった。

    滝沢は27日までにインスタグラムを更新し、「今週の私はというと、単なる勢いずけの伸びをして、ぎっくり首になっていた私でした。初めてのぎっくり○でした」と報告。「ほんとうに、辛いのですね。骨一個落ちてる気分でした」と、独特の表現で症状をつづった。

    「首の自由は奪われ、この一週間は頭におぼん乗せて歩いても落ちないんじゃないかってほどの、機械的に静かな振り向きで過ごしていました」と、激痛に悩まされた期間を振り返り、「そんな私もだいぶ、自由な方向に頭だけでいけるようになり元気もいっぱいです!もう、心配はほんとに大丈夫です」とのこと。「朝の伸びにはお気をつけください」とファンにも注意をうながした。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d49078500d261b7a691245ba9f3a33297c7ee011


    【滝沢カレン“ぎっくり首”に見舞われ】の続きを読む

             


    (出典 gendai.ismedia.jp)



    1 風吹けば名無し :2021/09/30(木) 04:53:33.05 ID:Skohk+ePp.net

    あさチャン 怒り新党に出演予定


    【【悲報】夏目三久をテレビで見れるのは今日で最後】の続きを読む

             


    (出典 realsound.jp)



    1 陽気な名無しさん :2021/09/20(月) 20:04:23.08

    ありさ
    もう連ドラ主演の連続記録に
    こだわらなくなったのかしら…


    【今年はまだ観月ありさがドラマ主演してないわ】の続きを読む

             


    1 湛然 ★ :2021/09/16(木) 05:31:43.09 ID:CAP_USER9.net

    ハリウッド女優・忽那汐里が語る母への思い「アジア人差別、アイデンティティークライシスも…」〈dot.〉
    9/15(水) 11:30 AERA dot.
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b01db0bb187fc62cf0a01e3bc8d78de5506c9116?page=1
    「母は一番に褒めてもらいたい存在」と話した忽那さん(撮影/写真部・東川哲也)

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



     2007年にドラマ『3年B組金八先生』で女優としてデビューし、数々の話題作に出演している女優の忽那汐里さん(28)。近年は活動の場を海外へ広げ、18年には映画『デットプール2』で本格的なハリウッドデビューを果たした。グローバルな活躍を続ける忽那さんに、女優としての覚悟、家族への思い、今後の「野望」などを聞いた。

    *  *  *
    ――オーストラリアで生まれ、14歳で日本に移住しました。日本語はどこで勉強したんですか?

    毎週土曜日に日本語の補習校があって、そこで勉強しました。ただ家では英語禁止だったんです。両親も日本人ですし、日本語と触れあう機会は多かったと思います。それでも、仕事をする上では難しい部分もありましたので、母と二人三脚で台本に振り仮名を書いたりしていました。母のサポートなしでは難しかったと思います。

    ――環境の変化による苦労はありましたか?

    14歳という多感な時期に環境の変化があったのはすごく大きかったと思います。自分で客観的に感情を理解して、消化することができない年齢だったので戸惑いました。稀にですが、オーストラリアではアジア人として差別されたこともあって、「自分はアジア人なんだ」「日本人なんだ」って意識する機会が多かったんです。でも、いざ日本に来ると同級生との考え方とか価値観がまったく違う。若いうちからアイデンティティークライシスみたいな感覚は感じていました。

    ――そうした環境で学んだことはありますか?

    今は自分の中で両方の文化が共存していて、いろんな視点で物事を見て感じとれるようになっていると思います。それは海外で仕事をする時にも、ちょうどバランスよく、うまく使えているんじゃないかなと。いろいろな国で仕事をするようになって、「日本人ほどまじめに仕事に向き合う人種はいないな」と感じます。そういう環境で仕事のベースを学ばせてもらえたのは、私の強みになっている気がします。

    ――海外で勝負をしようと決断したのはなぜですか?

    実は、「ハリウッドに行きたい」と強く願っていたわけではないんです。日本で仕事をしていた後半の頃、海外の作品に出演する機会が増えて、台湾のホウ・シャオシェン監督やトルコとの合同作品に出演しました。16年に、ウェイン・ワン監督の『女が眠る時』という映画に出演したんですが、その時、ウェイン監督から「日本人でそんなに英語が話せるし、今はすごくいい時期。海外に挑戦したらいいと思う」と助言をいただいたんです。そこから徐々に扉が開いていった感じです。

    ――19年に所属していた事務所を退社しました。その当時のことを教えてください。

    私は映画がすごく好きで、作品に対しての思いがすごい強いんです。とてもこだわっていたので、退社前の後半の方は、全部自分で作品を選ばせてもらっていて、事務所も自由な環境を与えてくれました。ただ、やはり徐々に目指す方向性だとか仕事に対する考え方などにずれが生じ始めました。もちろん私も、日本での活動を続けたいという思いもありましたが、「アメリカでオーディションに受かって、地に足を付けて仕事をしていきたい」という思いが強かったので。

    ――不安はありましたか?

    不安はなかったです。そもそも数年はオーディションに受からないだろうと覚悟していました。「最初の2、3年はそのつもりでやるしかないな」と。最初はオーディションに全然受からず、現実を突きつけられて、「やっぱりそんなに簡単なことではないんだな」と感じることもありました。でも、挑戦したい思いは私にとって譲れないものだったので、「目標を忘れないこと」を常に自分に言い聞かせることでモチベーションを保っていました。

    ――これまでにオーディションはどのくらい受けましたか?

    数十本……百本は超えていないと思います。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    (聞き手:AERAdot.編集部 大谷奈央)


    【【芸能】ハリウッド女優・忽那汐里が語る家族の思い】の続きを読む

             


    (出典 s.eximg.jp)



    1 jinjin ★ :2021/09/18(土) 23:57:33.55

    峯岸みなみ 「東海オンエア」てつやとの交際認める


    人気YouTuberグループ「東海オンエア」のリーダー・てつやさんとの交際が報じられた元AKB48の峯岸みなみさんが18日、交際を認めました。

    峯岸さんは自身のツイッターで「この度は、個人的なことでお騒がせしています。皆様からの温かい言葉がとてもとてもうれしいです。これからも人として、タレントとして、面白い!応援したい!と思ってもらえる様に努力していきますので、どうぞよろしくお願いします」とコメントしました。


    2人の交際について双方の所属事務所は「いいお付き合いをさせて頂いております」交際を認めていました。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/8164478f63f1c62b58d886814665f4bd806391d9


    【【芸能】元AKB48・峯岸みなみ、交際認めてしまった!】の続きを読む

             


    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/16(木) 12:14:05.78 ID:CAP_USER9.net BE:154391736-2BP(0)


    9/16(木) 12:03
    日刊スポーツ

    料理好きの石原さとみ、意外なストレス発散方法を明*「千切りが…」
    「ロキソニンSクイック 新CM」に出演する石原さとみ 「カウントダウン・登場」篇より
    女優石原さとみ(34)が15日、「ロキソニンSクイック 新CMオンライン発表会」に出席し、ストレス発散となる瞬間を明かした。

    石原は「料理が生活の一部」と話すほど料理好き。「『千切り』がストレス発散になってます」と笑顔で明かし「細かいこと言うと、炒め物するときに、最初モワって盛り上がるんですけど、一瞬蒸してから良い具合にしてクタってなったくらいで炒める時の時間がすごい好き。そう言う瞬間は自分で生み出すことができるので、『楽しいな』って思える、この時間好きだなって思える時間は増やしていきたいと思います」と笑った。

    また、石原にとっての至福の時間は「朝起きて、カーテンを開けてベランダに出て『朝だ』って言って背伸びする時」だといい「健康的で、晴れた日の朝はすごくエネルギーチャージされるので好きです」と話した。さらに「自分で心の底からおいしいと思った食べ物を自分で作れたときは、自分でも感動します。私天才かもしれないって思うくらい(笑い)。自分で自分の幸せを生み出せた瞬間はほんとに幸せですよね」と充実の表情を浮かべた。

    「ロキソニンSクイック」は、誕生10周年を迎えた「ロキソニンSシリーズ」の集大成として8月24日にデビューした解熱鎮痛薬。 新CMは19日から。 


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f96e65eba34b84fc8bd6d267732d91441c87ae47


    【【芸能】料理好きの石原さとみ、「千切りが…」】の続きを読む

             


    (出典 movienosuke.com)



    1 湛然 ★ :2021/09/13(月) 05:33:57.11

    2021年9月12日 11時55分 ナリナリドットコム
    ジョディ・フォスター、30周年「羊たちの沈黙」振り返る
    https://www.narinari.com/Nd/20210967478.html

    (出典 cdn.narinari.com)



    ジョディ・フォスターは、映画「羊たちの沈黙」の撮影中は、共演のアンソニー・ホプキンスを恐れていたそうだ。30周年を迎えた1991年公開の同作について、ジョディが撮影当時を振り返った。

    同作でジョディは、FBI訓練生クラリス・スターリングを演じ、連続殺人犯バッファロー・ビル(テッド・レヴィン)の捜査を助ける、投獄中の殺人鬼で食人嗜好のハンニバル・レクター博士役のアンソニーと共演した。

    ジョディは、レクター役のアンソニーを心から恐れていたそうで、OK!誌のインタビューで、こう話している。

    「アンソニーは並外れた俳優で、とても親切な人よ」
    「初めて彼に会ったのは、テーブルを囲んで読み合わせをしていた時だったわ。彼が台本を読み始め、私は突然怖くなったの」
    「撮影最終日の昼食で私が『あなたのことが少し怖かった 』と言うと、アンソニーは『そう、僕も君のことが怖かったな』と答えたのよ。その後、私たちは力強く抱き合って親密な友達になったの」

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【映画】ジョディ・フォスター、30周年】の続きを読む

             


    1 牛丼 ★ :2021/09/11(土) 11:59:08.97

     略

    “一発屋”という言葉

     そもそも、私がなぜそういうことを大学院にまで行って研究するようになったのか。その根っこみたいなところをお話すると、09年ごろから15年ごろですかね、この5~6年の時間が本当につらかったんです。

     いろいろな記事で事実ではないことを書き続けられる。反論をする場もない。タレントなら、そんなことを言われても仕方ない。なんなら、芸人だったらそれを面白く返さないと、といったことを言われ続ける。
     一番近い存在である夫に話をしても、きちんと考えてくれているとは思うんですけど「気にしなければいい」という言葉が返ってくる。

     最近は芸能人、タレントであったとしても、言葉の刃を投げかけることに対して「それはひどすぎる」いう声があがるようになってきましたけど、当時はまだその風もほとんど吹いていない。「人前に出る仕事なんだから」というところで終わってしまう時期でもありました。

     それが5~6年。ひたすら耐えました。 
     …あと、言葉で言いますと“一発屋”という言葉を自分に投げられたことがすごくつらかったんです。
     “一発屋”という言葉は、人によって感じ方は千差万別だとは思うんですが、それを言われた側にとっては、人を傷つける刃物のような言葉だと感じています。

     言葉自体が人を傷つけ、貶める。一つのレッテル貼りでもあると思っていて、その苦しみは貼られた人間しか分からない。

     もちろん、まずは私の努力が足りなかったのだと思います。ただ、一旦このレッテルが貼られると、次の新しいネタをやろうとする時に必要以上にやりにくくなる。可能性をかなり潰してしまっている言葉だとも感じています。

     でも最近は時代も変わりました。なので、私はこの“一発屋”という言葉についても人を傷つける言葉として「私たちはつらいのだ」と、もういい加減に声をあげてもいいのではないかと思っているんです。

     先ほども申し上げたように、ずっとつらくて、つらくてという時間が5~6年ありました。アップアップになって、ギリギリになっていきました。

     とことん自分が否定される。しかも、事実ではないことで自分の信用を失い続ける。最初は我慢という対処をしてましたけど、どんどん精神的にきつくなっていって。そのうち、自分が自ら*画が頭に浮かぶようになってきたんです。

     今からの話って初めてするんですけど、結婚してずっと夫とは仲良く暮らしていたんです。でも、これも先ほど申し上げたように、私はとにかくつらい。夫は「気にしなければいい」と言う。そのことでケンカも増えました。

     そんな中で15年だったと思いますけど、私も本当に限界を迎えてしまって。「じゃあ、私が飛び降りればいいんでしょ。そうすれば全て終わるんでしょ」と夫に言ったんです。そういう言葉を初めて口にしました。
     そこで夫から返ってきたのが「あなた、これで*だら本当に笑いものだよ」という言葉でした。そして、そのまま自分の部屋に入っていったんです。
     瞬間的に発してしまった言葉ながら、どこかに「バカなこと言うな!」と止めてくれるのではという思いもあったのかなと思います。でも、実際には全く違う流れになって、私がそこにポツンと残されている。
     何がどう作用して、何がどうなったのか。それは分からないんですけど、そこでスッと心底思ったんです。
     「なぜ自分が*なければならないんだろう?」
     そこで目が覚めたというか…。そしてそれまでずっと深く落ち続けていた悲しさが、そこで初めて底を打ったんですね。

     私、思うんですけど、人ってどんな人であったとしても究極的に思うのは「大切にされたい」ということだと思うんです。

     人から*にされたり、軽く扱われたりすることを心の底から望んでいる人なんか、一人もいないと思うんですね。

     なので、それをこれからもいろいろなカタチにしながら出していけたらなと思いますし、私自身も、また表現することをしたいなとも思っています。
     博士号を取ることに今は没頭していますけど、それが一段落したら、2年ほど前に初めて高座に上がった落語もまた挑戦したいですし。エピソードトークも披露できるようになって、いつか“一発屋”を返上したいですね(笑)。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/nakanishimasao/20210911-00257326


    【エド・はるみ、死も考えた もういい加減に声をあげてもいいのではないかと思う】の続きを読む

    このページのトップヘ