movie閲覧

映画・ドラマ・芸能情報を、まとめるサイトです。
特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
宜しくお願いします。

    特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
    映像等も載せます。

    カテゴリ: アジア

             


    (出典 sm.ign.com)



    1 名無しさん必死だな :2021/09/30(木) 12:48:36.86

    映画は迫力のアクションシーン、美しい人物描写と世界観を実写で忠実に再現し、ゲーム未経験の人でも楽しめる極上のアクションエンタテイメントに仕上がっており、コーエーテクモのスタッフも「実写化された世界の中で『無双』の世界観が再現できるとは、まさに夢のようです」(コーエーテクモホールディングス/代表取締役社長襟川陽一)、「ゲームの世界観やコンセプト「一騎当千の爽快感」がシッカリ再現されています!」(コーエーテクモゲームス/「真・三國無双」シリーズプロデューサー鈴木亮浩)と太鼓判を押す。
    https://eiga.com/news/20210930/12/


    【「真・三國無双」香港・中国・日本合作で実写映画化!】の続きを読む

             


    (出典 blog-imgs-44.fc2.com)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/17(金) 22:01:23.391 ID:H7K/umbW0.net

    あの悲しい歌


    【「霊幻道士」って映画知ってるか?】の続きを読む

             


    (出典 imgv.vm-movie.jp)



    1 名無し募集中。。。 :2021/09/08(水) 21:12:31.35

    自分は「インファナル・アフェア」です


    【好きな香港映画は何ですか?】の続きを読む

             


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/08/13(金) 04:27:54.681

    正直大きな流れ以外はよくわからんかったわ


    【今シンエヴァンゲリオン見終わったんだが】の続きを読む

             


    (出典 bq-news.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/07/15(木) 10:02:23.14

    anomado 2021年7月13日(火) 13時50分

    香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が主演し、幼児誘拐を描いた中国映画「失孤」のモデルになった男性の息子が、このほど発見されたことが明らかに。アンディ・ラウも歓喜していると報じられている。

    2015年公開の「失孤」は、農作業中に幼い息子をさらわれた男性が、中国全土をバイクで駆けて捜し回る15年を追ったストーリー。実話を基に映画化された作品で、山東省在住で現在51歳の郭剛堂(グオ・ガンタン)さんがモデルとなっている。

    残念ながらハッピーエンドとはならなかった映画「失孤」だが、郭剛堂さんが捜し続けた息子の郭振(グオ・ジェン)さんがこのほど河南省で見つかり、DNA型鑑定の結果、親子であることが明らかになったと11日、日刊紙・新京報など主だった中国メディアが報じた。郭振さんは1995年生まれの26歳で、2歳7カ月だった97年9月に実家から姿を消していた。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://www.recordchina.co.jp/b879330-s36-c70-d0196.html


    【幼児誘拐を描く映画「失孤」、24年ぶりに息子が見つかる】の続きを読む

             


    (出典 pbs.twimg.com)



    【メイドインアビス、ハリウッドで映画化へ】の続きを読む

             


    (出典 news.1242.com)



    1 みの ★ :2021/06/21(月) 13:29:48.41

     日本でも広く親しまれた香港映画が苦境に*いる。巨大市場の中国本土に活動拠点を移す監督らが続き、産業として空洞化。表現の自由も脅かされ、危機的状況に陥っている。

     ブルース・リーやジャッキー・チェンをまね、チョウ・ユンファ主演の「男たちの挽歌」にしびれ、ウォン・カーウァイ監督の「恋する惑星」にときめき、型破りな「少林サッカー」に笑った――。香港映画は最もなじみ深いアジア映画だった。

    …続きはソースで。
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUD10FMG0Q1A610C2000000/
    2021年6月20日 2時00分


    【苦境の香港映画がヤバイ】の続きを読む

             


    (出典 www.cinra.net)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/04/26(月) 19:06:44.804 ID:JpOiSMow0.net

    Amazonでレンタル


    【映画パプリカを見ます】の続きを読む

             


    (出典 spotlight-scoop.com)



    1 名無しさん@おーぷん :21/03/28(日)14:25:55 ID:8i9


    (出典 i.imgur.com)

    なんやこの細さ.....


    【【悲報】ワンピース映画のサンジさん、ヒョロガリすぎる】の続きを読む

             


    (出典 cdn.gamerch.com)



    1 :2021/03/13(土) 08:52:06.38 ID:W6mJbdOs0.net BE:811571704-2BP(2072)


    (出典 img.5ch.net)

    コーエーテクモゲームスの「真・三國無双」シリーズを原作とする実写映画が,中国で2021年4月30日(香港では29日)に公開予定となっている。そのトレイラーが3月8日に公開された。
    https://www.4gamer.net/games/409/G040994/20210311134/

    (出典 Youtube)


    この映画は,香港の映画会社China 3Dが制作し,「狼たちのノクターン・夜想曲」の
    周顕揚氏が監督を務めるもので,もともとは2016年に発表され,2018年の公開が
    予定されていた(関連記事)。トレイラーでは,真・三國無双シリーズの一騎当千アクションらしい
    シーンも確認できる。
     日本で公開されるかは,今のところ明らかにされておらず,2016年の発表時も展開は
    未定となっていた。


    【「真・三國無双」が中国で2021年4月に実写映画化。】の続きを読む

             

    試合シーンのない野球映画『野球少女』



    © 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

     3月5日より韓国映画『野球少女』が公開されている。主演を務めたのは、Netflixで配信中のドラマ『梨泰院クラス』でトランスジェンダーの若者を演じ、大ブレイクを果たしたイ・ジュヨンだ。

     結論から申し上げれば、本作は青春映画としての完成度もさることながら、無自覚な性差別がはびこる今に観る意義もとてつもなく大きい、素晴らしい作品だった。さらなる具体的な魅力や特徴を、以下に記していこう。

    ◆八方塞がりな現実
     青春の日々をすべて野球に捧げ、プロ選手を夢見る高校生のチュ・スインは、女子という理由でプロテストさえ受けることができないでいた。そんな彼女の元に、新しいコーチがやってくる。コーチはスインをスカウトの目に留まらせるための作戦を練り、特訓を初める。

     主人公が置かれた状況は過酷だ。どれだけ天才野球少女と称えられていても、女子であるためにプロへの道そのものが閉ざされている。野球部の監督からも趣味として続けるべきだと諭され、スカウトにも「女子が野球選手なんてサーカスじゃあるまいし」とバカにされてしまう。

     そんな彼女には、経済的な理由も覆い被さる。母は娘に一家の稼ぎ頭になってもらうことを期待しているため、女子のプロ野球選手という夢にはもちろん大反対であり、「ダメなら諦めなさい。恥ずかしいことじゃない」と現実的な音葉も投げかける。その母がそのように言う原因は父にもあり、彼は宅地建物取引士の試験に何年も挑戦している“万年受験生”で、経済力が皆無だったのだ。

     夢はあまりに無謀で、現実はあまりに厳しい。夢を一途に目指し、そのために血の滲むような努力をしてきた主人公でさえも、その八方塞がりな現実に心が折れかけてしまう。夢と現実のはざまで苦しむ彼女の姿に胸が痛くなるが、同時に心から応援をしたくなるだろう。

    ◆「師弟もの」の面白さ
     本作は青春物語であると同時に、主人公と師匠が共に高め合い大きな目標を目指すという「師弟もの」のドラマとしての魅力を備えている。映画であれば『ベストキッド』(1984)や『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)、はたまたマンガの『あしたのジョー』を思い出す方もいるのではないか。

     例えば、主人公134キロの豪速球を投げられることを自らの強みとしていたが、新しいコーチは「あれが最速か?女子かどうかは関係ない。お前は実力がないんだ」とバッサリと告げる。そこで彼女は150キロを投げることを目指し、夜遅くまで1人で黙々と特訓を続けていたのだが、コーチ主人公の選手記録を読んだことから、150キロも出せないという短所を捨てて、「回転数の高い球を投げられる」長所を活かす作戦に出る。

    © 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

     主人公はこれまで努力に努力を重ねてきたが、それでも夢への道が見えなかった。そんな彼女がこれから目指すべき道が、一見ぶっきらぼうだが高い分析能力を持ち的確な指示をするコーチのおかげで見え始める。その過程はエンターテインメントとして面白く、そして理不尽な壁に挑み乗り越えようとする普遍的な物語としても心に響く。

     その新コーチには、選手としての才能がないことに気づき、一度は荒れた生活を送っていた過去もあった。「かつて夢に破れた者」の視点から浮かび上がる心情は、大人こそが涙腺が刺激されるだろう。

     そして、本作は野球を題材としながらも、試合シーンがいっさいない。あくまで描くのは、主人公の青春模様と、そして野球の特訓。試合に勝つか負けるかではないところに焦点を絞っており、それが作品の魅力に直結しているのだ。

    ◆偏見への憤りから生まれた物語

    © 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

     この『野球少女』の企画は、チェ・ユンテ監督の妻が、リトルリーグの女子生徒のインタビューを見て不愉快な気持ちになったことがきっかけで生まれたという。会話の中で彼女のことを「天才野球少女」だと持ち上げておきながら、「女子が野球をするのか?」という視点が露骨に現れており、ユンテ監督自身も「偏見以外の何ものでもない」と憤ったそうだ。

     さらに、ユンテ監督は「プロバスケットボールやプロバレーボールなど他のスポーツは、競技名の前に『女子』『男子』と性別がつくけれど、プロ野球にはつかない。それは、男子だけがやるからではなく、男女誰もができるスポーツだという意味のはず。野球は男子だけの所有物ではないはずだ」という確信を持ったのだという。

     この「女子が野球をするのか?」「野球は男子だけのものなのか?」という、固定観念による偏見は劇中でも取り上げられている。その疑問に対して、主人公は「これでもダメだと思うのか?」と聞き返したりする。それはユンテ監督の代弁でもあるのだろう。その女子に対する偏見への憤りへの抵抗を、男性の監督がはっきりと作品として示したというのも迫力がある。

    モデルは実在の女子野球選手
     さらに、『野球少女』の主人公にはモデルにした実在の人物もいる。それは、1997年に韓国で初めて女子として高校の野球部に入ったアン・ヒャンミ選手だ。彼女はKBO(韓国のプロ野球リーグ)が主催する公式試合に先発登板した、最初の女子野球選手でもある。劇中に「20年ぶりに女子高校野球選手誕生」というセリフがあるが、その20年前の選手がアン・ヒャンミ選手であったりもするのだ。

     実際のアン・ヒャンミ選手がそうだったように、『野球少女』の主人公も、これまでの社会的通念に反旗を翻し、制限された性の役割からの解放を叫ぶ。物語そのものはフィクションではあるが、実在の人物の信条を作品に映し出すという気概が、この『野球少女』にはある。

     なお、チェ・ユンテ監督は、主人公について「周囲から影響を受けるのではなく、むしろ周囲に影響を与えるキャラクター」であり、「社会が作り出した枠に合わせようとする人たちに、自分だけの道を切り開けるように案内する人物であってほしいと願った」と語っている。この言葉通り、彼女がただ周りに流されているだけでなく、固定観念に囚われている周りの人々の意識や価値観を変えていく様に、勇気づけられる人はきっと多いだろう。

    マイナス14度も吹き飛ばす熱演
     本作を語るにおいては、主演のイ・ジュヨンの熱演は外せないだろう。彼女はモデルにした実在の人物の努力と葛藤に迫るため、40日間のトレーニングを受け、すべてのシーンスタントなしで演じきった。

     初めての野球の撮影シーンでは、気温はマイナス14度、体感温度はマイナス20度という極寒だったが、イ・ジュヨンは口が凍って言葉も出てこない状況の中、薄いウィンブレーカーの姿のままマウンドに立ち、ボールを投げた。その役者としての気迫は、そのまま尋常ではない精神力を持つ主人公の姿と重なっている。

     さらに、新コーチを演じたイ・ジュニョクも、一度はプロを目指した選手だというリアリティを出すために、自らトレーニングを申し出て、イ・ジョユンたちと一緒に特訓。撮影前の1ヶ月でビルドアップに挑み、体重の増量にも成功した。

     他にも、主人公の母親役のヨム・ヘラン、父親役のソン・ヨンギュも忘れられない愛おしいキャラクターを演じ切っている。実在する人物とさえ思えてしまうほどの存在感と、そのわずかな表情の変化から垣間見える複雑な感情も、ぜひ読み取ってみてほしい。

    ◆無自覚な性差別の問題
     主人公は「女子だから」という理由で野球のプロテストを受けられないでいる、性差別を受けている立場だ。それと同時に、本作では「女子であるから有利だ」という視点もまた、性差別につながるのではないか、という諫言もある。

     何しろ、劇中では「あなたが女子であることは短所であるかもしれないが、長所でもある」と主人公に助言する人物がいる。それだけを聞くと「正しいアドバイス」とも思えるかもしれないが、それは女子ということを「利用」しているだけとも解釈ができる。

     現実においても、「女はいいよな」「男はいいよな」と、自分とは異なる性別に対して羨む、嫉妬をした経験がある人は決して少なくはないだろう。だが、それは危険な考えである。差別とは「あの人たち(集団)が◯◯だから、あの人(個人)も◯◯なんだ」と決めつけてしまうことから生まれる。その◯◯には「劣っている」「損をしている」ことだけでなく、「優れている」「得をしている」ことも、間違いなく含まれるのだから。

     その無自覚な性差別に対する主人公の返答は、あまりに尊いものだった。「男だから」「女だから」という理由で何かを諦めていたり、性差別を受けたり、はたまた性差別をしてしまう側であった人にとっては(それが無自覚であっても)、一生に渡り大切にしたい価値観になるのではないか。

    ◆「長所」にまつわるメッセージ
     チェ・ユンテ監督は、本作のメッセージについて「主人公のスインがそうであるように、私たちもそれぞれ自分だけの長所を持っている。たとえ世界が認めてくれなくても、自分の長所を信じて前に進むことは間違いではないことを、映画を通して伝えたい」と語っている。

     誰しもが、自分だけの長所を持っている。しかし、社会に通底している固定観念、もしくは制限された性の役割によって、その長所が見えにくくなってしまうことも、現実では多くあるだろう。そのような状況に、『野球少女』の物語は「今一度、自分の長所を確かめてみよう」と思わせてくれる。それこそに、最大の意義がある映画でもあったのだ。

     しかも、本作は長所を生かせば全てが上手くいく、といった甘い結論では終わらせてはいない。どこかに性差別があり、社会の固定観念を変えることは並大抵のことではない、という厳しさをも提示することで、劇中の主人公に送られてきたエールが、現実社会で生きる全ての人へエールにもなっていくことも、本当に素晴らしい

    ◆上映中の『夏時間』も要チェック
     『野球少女』と通ずるところも多い韓国映画『夏時間』が、現在小規模で公開されている。
     『夏時間』で描かれるのは、父親の事業が失敗したために祖父の家に引っ越してきた、10代の少女と弟のひと夏の経験。それを通じて、家族のありかたを問うている。大きな事件がほとんど起こらないのだが、それぞれの心理が丁寧に描かれ、何気ないセリフにハッと息を飲む、奥行きのある内容になっていた。2020年に日本公開された、同じく思春期の少女の感性を豊かに綴った韓国映画『はちどり』が好きな方もきっと気にいるだろう。

     『パラサイト 半地下の家族』(2019)もそうなのだが、韓国映画ではよく貧困の問題も描かれる。その普遍的な問題に抵抗し、道を切り開くか、より良い状況を目指す家族の物語は、日本人であっても感情移入がしやすいだろう。『野球少女』と合わせて、こちらも機会があれば観ていただきたい。

    <文/ヒナタカ>

    【ヒナタカ】
    雑食系映画ライター。「ねとらぼ」や「cinemas PLUS」などで執筆中。「天気の子」や「ビッグフィッシュ」で検索すると1ページ目に出てくる記事がおすすめ。ブログ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」 Twitter@HinatakaJeF

    © 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【試合シーンのない野球映画『野球少女』】の続きを読む

             


    (出典 hotel-bfu.com)



    1 1号 ★ :2021/02/23(火) 22:58:55.04

    あかしょうさんのツイート

    インドの新作映画を巡ってちょっとしたドラマが起こっている。


    (出典 sn-jp.com)


    (出典 sn-jp.com)

    https://twitter.com/akasyou/status/1363451949853663232

    2021-02-23
    https://sn-jp.com/archives/30992
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【『インドの新作映画を巡ってちょっとしたドラマが起こっている…』】の続きを読む

             

    お相撲さんがインドの海に流れ着いてインド人に恩返しするインド映画がスゴイ / SUMO



    ちょっと意味が分からないインドの海に流れついたお相撲さんがインド人たちに助けられ、インド人に恩返しする(らしい)映画が、まだ公開前にも関わらず注目を集めている。そもそもどうしてお相撲さんがインドの海に!?

    インドの浜辺に漂着したお相撲さん

    予告動画には、インドの浜辺に漂着しているお相撲さんの姿や、インド人になついてメシを食いまくるお相撲さん、「頑張れば寿司を食わせてやるぞ~♪」とインド人に言われて修行するお相撲さんの姿が映されている。

    インド人に甘えまくったり、ビリヤニやカレー的なものを食いまくってインド人を困らせるシーンもあった。このお相撲さん、いったいどういう心理状態なのか? 予告編の動画からはすべてを理解することは難しい。












    ・まさにインターナショナルインド映画

    撮影場所はインドだけでなく東京都も含まれており、さらに富山県でも撮影されたという。出演者もロケ地も、まさにインターナショナルインド映画インド映画において脇役としてお相撲さんが出てきたことはあるらしいが、インド映画で主役を演じたお相撲さんは初かもしれない。

    ・力士のときは「東桜山」という名

    お相撲さんを演じたのは、リアルなお相撲さんとして活躍した過去を持つ田代良徳さん。力士のときは「東桜山」という名で闘っていた。まさに、本当のお相撲さんが主役のインド映画といえる。彼はインド映画のほか、中国映画やファッション誌「VOGUE」の誌面にも出演したという。

    いったいどんな内容となっているのか!? お相撲さんとインド人は危機的状況から脱せるのか!? いつか公開される日が来ることを楽しみにしつつ待ちたい。

    もっと詳しく読む: 【どすこインド映画】お相撲さんがインドの海に流れ着いてインド人に恩返しするインド映画がスゴイ / SUMO(Photrip フォトリップ) https://photrip-guide.com/2021/02/24/sumo-indian-movie-film/



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【お相撲さんがインドの海に流れ着いてインド人に恩返しするインド映画がスゴイ / SUMO】の続きを読む

             


    (出典 shop.r10s.jp)



    1 名無しさん@おーぷん :21/02/25(木)00:29:23 ID:FPa

    いけるか?


    【100日後に死ぬワニの映画ってプペル超えるかな】の続きを読む

             


    (出典 www.wowkorea.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/02/08(月) 20:34:58.097 ID:wrA3zqLU0.net

    韓国人俳優でヨン様と呼ばれ人気を博したパク・ヨンハ(Park Yong-Ha)さん(33)がソウル市内の自宅で死亡しているのを母親が発見した。

    韓国放送公社によると、ヨンハさんの首には電気コードが巻かれており、警察は自殺とみている。遺書の有無についてはわかっていない。

    ヨンハさんは前夜、がんを患っている父親を看病しており、この時に「ごめんなさい」と話しかけていたえっショックとの報道もある。

    ヨンハさんは『冬のソナタ』など数々の韓国ドラマに出演しているほか、歌手としても活動しており、日本やアジアでも人気が高かった。


    【韓流スター、ヨン様自殺】の続きを読む

    このページのトップヘ