movie閲覧

映画・ドラマ・芸能情報を、まとめるサイトです。
特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
宜しくお願いします。

    特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
    映像等も載せます。

    カテゴリ: 映画監督



    (出典 www.creators-station.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/30(水) 06:58:46.21 ID:CAP_USER9.net

    2020年09月30日 05:30 芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/30/kiji/20200929s00041000500000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     是枝裕和監督(58)が29日、都内で行われた第33回東京国際映画祭(10月31日~11月9日)のラインアップ発表に出席し同映画祭の改革の必要性を説いた。

     海外の映画祭を多く経験している是枝監督は「多様で豊かな映画の長い歴史を持っている国は、映画祭も豊かなはずなのに、東京は果たしてそれに見合っているかずっと疑問だった」と持論を展開。5年前から改善点を記した提言書を映画祭のトップに手渡してきた。今年は「監督たちが交流する場をきちんとつくってほしい」と、アジア各国の監督とリモートでトークショーを行う「アジア交流ラウンジ」を主導する。


    【是枝監督が改善の必要性説く「監督たちが交流する場を」】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/24(木) 09:34:31.93 ID:CAP_USER9.net

    9/24(木) 6:00配信
    中日スポーツ

    ハットをかぶった三浦春馬さんが印象的な「天外者」のポスタービジュアル 2020「五代友厚」製作委員会

     7月18日に30歳で亡くなった俳優の三浦春馬さんの生前最後の出演映画となった主演作「天外者(てんがらもん)」(田中光敏監督)の公開が12月11日に決定し、このほど、ポスタービジュアルが公開された。

     同作は幕末を舞台にした青春群像劇。タイトルの「てんがらもん」は、鹿児島の方言で「すごい才能の持ち主」を意味する。三浦さんは薩摩藩出身で、大阪商工会議所の初代会頭として経済界の発展に多大なる貢献を果たした実業家の五代友厚役を演じた。

     ほかに、五代の盟友・坂本龍馬役を三浦翔平(32)、三菱財閥を築いた岩崎弥太郎役をミュージシャンの西川貴教(50)、初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりしころを森永悠希(24)、五代の良き理解者である妻・豊子を、蓮佛美沙子(29)が演じている。

     三浦さん演じる五代が、坂本、岩崎らと新たな時代を切り開く姿を描いた同作。完成したポスタービジュアルでは、りりしい立ち姿の五代が、その力強い視線でしっかり未来を見据えている。

     三浦翔平は「クランクイン前には、春馬と何度も読み合わせして、才助(五代の幼名)、利助(伊藤博文の幼名)、弥太郎との関係性を築きあげ、自分なりの新しい豪快な龍馬を思いっきり演じることができました」と振り返りながら「天国で五代さんと一緒に見てくれることを願います」と畏友への思いをはせた。

     西川は「春馬、翔平、森永くんをはじめキャスト全員で作品を生き抜いた時間は、かけがえのない瞬間でした」。蓮佛は「作品の中にいる春馬くんは五代友厚そのもので、何より瞳をのぞき込めば、そこに五代の全てがありました。彼が五代として生きたその時間を、作品を、愛してもらえたらと心から願っています」と三浦さんの好演ぶりをアピールした。

     田中監督は「ただただ残念なのは三浦春馬くんにできあがった作品を見てもらえなかったことです」と悔やんだ。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5e4e32a7b07e8c321ae4137ceebdb9697e1c0932


    【生前最後の映画「天外者」 田中監督が熱演PR】の続きを読む



    (出典 www.crank-in.net)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/23(水) 18:45:12.55 ID:CAP_USER9.net

    2020年9月23日 13時13分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0118744

    (出典 img.cinematoday.jp)


     先週末(9月18日~9月20日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、クリストファー・ノーラン監督のタイムサスペンス超大作『TENET テネット』が興行収入470万ドル(約4億9,350万円)で3週連続の首位を記録した。累計興収は3,610万ドル(約37億9,050万円)となった。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル105円計算)

     新型コロナウイルスの影響を大きく受けているアメリカでは、劇場再開率は70%となったものの、いまだにロサンゼルスとニューヨークという稼ぎ柱の二大エリアでは再開に至っていないのが苦しいところ。『TENET テネット』の世界興収は2億5,110万ドル(約263億6,550万円)となり、このうち85.6%という大部分を海外興収が占めた。

     3位にはジム・カヴィーゼル主演のR指定ポリティカルスリラー『インフィデル(原題) / Infidel』が、8位にはタイラー・ポージー主演のゾンビ映画『アローン(原題) / Alone』が初登場となった。(編集部・市川遥)

    9月18日~9月20日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
    1(1)『TENET テネット』
    2(2)『ザ・ニュー・ミュータンツ(原題) / The New Mutants』
    3(初)『インフィデル(原題) / Infidel』
    4(3)『アンヒンジド(原題) / Unhinged』
    5(4)『ザ・ブロークン・ハーツ・ギャラリー(原題) / The Broken Hearts Gallery』
    6(7)『ザ・スポンジボブ・ムービー:スポンジ・オン・ザ・ラン(原題) / The SpongeBob Movie: Sponge on the Run』
    7(5)『ビル&テッド・フェイス・ザ・ミュージック(原題) / Bill & Ted Face the Music』
    8(初)『アローン(原題) / Alone』
    9(8)『ザ・パーソナル・ヒストリー・オブ・デイヴィッド・コパフィールド(原題) / The Personal History of David Copperfield』
    10(6)『ワーズ・オン・バスルーム・ウォールズ(原題) / Words on Bathroom Walls』


    【ノーラン監督『TENET テネット』世界興収260億円超え!】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/09/23(水) 20:09:22.414 ID:XkVKJh5I0.net

    ダークナイト……わかる
    メメント……斬新な手法で凄いのはわかる
    その他……わからない


    【ノーランの映画好きなやつってなにが面白いの?】の続きを読む



    (出典 zeitgeist.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/09/19(土) 02:53:55.92 ID:g2lspI3a0.net

    この時代をどう描いていたんやろうな


    【今現在伊丹十三みたいな映画監督がいない】の続きを読む



    (出典 logo-imagecluster.img.mixi.jp)



    1 名無し募集中。。。 :2020/09/13(日) 05:50:22.27 0.net

    おめでとうございます


    【黒沢清が日本人としては北野武以来23年ぶりにヴェネチア映画祭金獅子賞を獲得】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)



    1 Egg ★ :2020/09/13(日) 06:09:08.38 ID:CAP_USER9.net

    【ベネチア共同】イタリアで開催されていた世界三大映画祭の一つ、第77回ベネチア国際映画祭の授賞式が12日夜(日本時間13日未明)に開かれ、
    「スパイの妻」の黒沢清監督(65)が監督賞(銀獅子賞)に選ばれた。日本人の同賞受賞は2003年の「座頭市」の北野武監督以来、17年ぶり3人目。もう1人は「西鶴一代女」(1952年)の溝口健二監督。

    銀獅子賞は、最高賞の金獅子賞に次ぐ栄誉。新型コロナウイルス流行を受け、イタリア行きを断念した黒沢監督はビデオメッセージで
    「大変驚き、言葉では言い尽くせない喜びを感じている。長い間、映画に携わってきてよかった」と語った

    9/13(日) 5:54配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1eed59076a935efd8bd82299eeefd024aff38137


    【黒沢清監督に銀獅子賞!】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    【伊丹十三監督、映画作品知ってるか?】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/06(日) 06:43:00.32 ID:CAP_USER9.net

    2020年9月5日 21時21分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0118388

    (出典 img.cinematoday.jp)


     ジェイソン・ステイサムが、スパイスリラー映画『ファイブ・アイズ(原題)/ Five Eyes』でガイ・リッチー監督とタッグを組むことが明らかになった。『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で共にデビューを飾った二人は、『スナッチ』『リボルバー』、そしてフランス映画『ブルー・レクイエム』のリメイク版『ラス・オブ・マン(原題) / Wrath of Man』(2021年1月米公開予定)でも組んでおり、これで5度目のタッグとなる。

     Deadlineなどによると、ステイサムが演じるのは、世界秩序を崩壊させるほどの力を持つ新たな兵器技術を追ってその売買を食い止めるべく、国際諜報同盟「ファイブ・アイズ」にリクルートされたMI6のエージェント。CIAのハイテク専門家と嫌々ながらコンビを組まされた彼は、自らの魅力や創意工夫の能力を駆使して、世界を股に掛けたミッションに乗り出すことになる。

     脚本は、今年1月に米公開されたクライムコメディー『ザ・ジェントルメン(原題) / The Gentlemen』でもリッチー監督と組んだアイヴァン・アトキンソン&マーン・デイヴィーズ。今年10月からヨーロッパでの撮影を予定している。製作は『ザ・ジェントルメン(原題)』の成功に気を良くしたミラマックスとSTXフィルムズだ。(編集部・市川遥)


    【ジェイソン・ステイサム、ガイ・リッチー監督と5度目のタッグ!】の続きを読む



    (出典 www.movie.ac.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/09/05(土) 14:51:16.775 ID:pojmbTr40.net

    漫画の実写化すらまともにできない監督ばかりなのはなぜなんだ?


    【才能のある映画監督って、ほとんどいないよな】の続きを読む



    (出典 cinema.u-cs.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/04(金) 18:22:57.79 ID:CAP_USER9.net

    9/4(金) 17:43
    スポーツ報知

    行定勲監督、初めて見た映画は「ヘドラ対ゴジラ」…「本当にヘドラが怖かったんです」
    行定勲監督
     映画監督の行定勲氏(52)が4日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にリモート出演した。

     この日のテーマ「あなたには子どもの頃に衝撃を受けた映像作品はありますか?」について聞かれた行定監督は「僕が初めて見た映画が『ヘドラ対ゴジラ』で。ヘドラがめちゃくちゃ怖くて。本当に怪獣がいると信じていた時代ですから」と、1971年公開の東宝映画をあげた。

     その上で「登場は怪獣は公害とか社会問題の化身だったりしたから。ヘドラもそういものだったと思うし、とにかく怖かったのを覚えています」と続けていた。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/19b1b90f4de3d99d6702521b8f7e99e657b90dda


    【行定勲監督、初めて見た映画は「本当にヘドラが怖かったんです」】の続きを読む



    (出典 zanzou-movie.com)



    1 風吹けば名無し :2020/08/25(火) 23:31:02.49 ID:PjdVJ6uia.net

    ジュラシックパークと並行して作ってたらしいけど
    こいつやっぱりすごいわ


    【シンドラーのリストとかいうスピルバーグの中でも評価が高い映画見た】の続きを読む



    (出典 eiga.k-img.com)



    1 名無しさん@おーぷん :20/08/12(水)01:28:23 ID:o8u

    トゥルーロマンスのBluRayプレミアついてて草枯れる…


    【タランティーノ映画について語ろうや】の続きを読む



    (出典 www.wound-treatment.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/08/05(水) 06:46:00 ID:CAP_USER9.net

    2020年8月4日 22時32分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0117777

    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


     世界三大ファンタスティック映画祭の1つ、スペイン・シッチェス映画祭の出品作を日本で上映する「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」の開催が決定し、ロブ・ゾンビ監督の新作など、全6作のラインナップが発表された。

     同セレクションは、スペイン・バルセロナで例年10月に開催されている、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭にして、SF・ホラーなどのジャンル映画に特化した「シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭」から厳選した作品を日本で上映する催し。7回目を迎える今年も、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、名古屋・シネマスコーレ、大阪・シネ・リーブル梅田で開催される。

     今回は、ロブ・ゾンビ監督が『マーダー・ライド・ショー』『デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~』に続いて贈るシリーズ第3弾『スリー・フロム・ヘル』を上映。警官隊の銃撃から生き残った、殺人一家のキャプテン・スポールディング、オーティス、ベイビーが、オーティスの腹違いの兄弟フォクシーの協力で脱獄し、メキシコを目指して狂気の殺人行脚を繰り広げる。

     シリーズファン待望の第三弾について、アートディレクター/映画ライターの高橋ヨシキは「ロブ・ゾンビは自分が好きな映画を作り続けている。『自分が好きな映画』にするために、まずやるべきことは自分が好きで好きで仕方のないあれこれを作品内に過剰なまでに取り入れることだ。殺人ファミリー、ファイアフライ一家サーガの完結編となる本作もそのように作られており、その結果、本作はロブ・ゾンビの脳内を直接プロジェクターにかけたかような、特異な映像体験をもたらすものとなった。そこはマンソン・ファミリーが、『女体拷問人グレタ』が、ミケーレ・ソアヴィの『アクエリアス』が、サンタ・ムエルテとナイフ片手に手を取り合って踊り狂い*まくる、どぎつくカラフルでどこまでも『アメリカン』な地獄世界なのである」とコメントしている。

     そのほか、青年・刑事・娘の殺意が激突するさまをゴア描写満載で描くコメディスリラー『とっとと*』、オカルトホラーにユダヤ教やホロコーストの歴史を組み合わせた異色作『ザ・ヴィジル~夜伽~』、3人のサイコパスと人喰い犬から襲撃を受ける夫婦を描くシュールホラー『ココディ・ココダ』、四肢麻痺を抱える少女と凶暴化した愛犬によるサバイバル『VS 狂犬』、ディストピアと化したトルコが舞台の社会派スリラー『恐怖ノ黒電波』をラインナップしている。(編集部・入倉功一)

    「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020」はヒューマントラストシネマ渋谷・シネ・リーブル梅田にて10月30日~11月12日、シネマスコーレにて今秋開催


    【ロブ・ゾンビ監督『スリー・フロム・ヘル』上映!シッチェス・ファンタ2020開催決定】の続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/08/04(火) 07:02:19 ID:CAP_USER9.net

    2020年8月3日 19時22分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0117740

    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


     大林宣彦監督の遺作となった映画『海辺の映画館-キネマの玉手箱』が7月31日より公開され、メイン館で満席続出となる好調なスタートを切った。7月31日から8月2日までの3日間で動員数4,012人、興行収入513万1,320円を記録。今後、全国69館での拡大公開が決定している(数字は配給調べ)。

     新型コロナウイルスの影響により初日が4月10日から約3か月半延期された本作。くしくも大林監督は、当初の初日4月10日に亡くなった。同作はTOHOシネマズシャンテで土曜全回、TOHOシネマズ新宿では土日の8回中6回が満席。スクリーンアベレージは301,842円。興行通信社調べの「ミニシアターランキング」では第1位にランクインした。なお、パンフレットの売り上げも好調で、TOHOシネマズ調べによると購買率40%を超えている。

     観客層は、尾道三部作(『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』)をリアルタイムで体験した40代、50代の映画ファンを中心に、午前中はシニア層、お昼以降は30代、20代と下がっていき、男女比は6対4 。SNS上には「ストーリーも映像も過去最高にぶっ飛んでいて最高でした。」「今までの大林監督作品のまさに集大成ともいうべき、戦争と平和を主張を持って描いている。今を生きる若者に見てほしい」「どこを切っても大林しか出てこない大林映画」「とてつもない作品でした」といった感想が寄せられている。

     本作は、大林監督が約20年ぶりに故郷・尾道をメインにロケを行ったファンタジー。閉館を迎える尾道の映画館「瀬戸内キネマ」で日本の戦争映画特集を観ていた3人の若者が、スクリーンの世界にタイムリープ。戊辰戦争、日中戦争、太平洋戦争など戦争の歴史を体験し、歴史上では亡くなった移動劇団「桜隊」を救うべく奔走する。メインキャストを厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲(新人)、成海璃子、山崎紘菜、常盤貴子が務めるほか、大林作品常連の俳優が集結している。(編集部・石井百合子)


    【大林宣彦監督の遺作 満席続出 17館→69館の拡大公開へ】の続きを読む

    このページのトップヘ