movie閲覧

映画・ドラマ・芸能情報を、まとめるサイトです。
特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
宜しくお願いします。

    特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
    映像等も載せます。

    カテゴリ: 映画監督

             


    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/08/05(木) 05:29:21.418

    ジャンゴ


    【タランティーノ監督で一番面白い映画】の続きを読む

             


    1 名無し募集中。。。 :2021/07/26(月) 20:45:20.82

    大林信彦?宮崎駿?


    【日本5大映画監督 黒澤明、深作欣二、山田洋次、伊丹十三 あと1人は?】の続きを読む

             


    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 風吹けば名無し :2021/07/23(金) 17:28:40.56 ID:I+ZkryQu0.net

    登場人物が良い奴ばかり出てくる
    根っからの悪人が登場しない


    【スピルバーグとかいう監督の映画にありがちなこと】の続きを読む

             


    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/07/08(木) 18:42:26.88 ID:CAP_USER9.net

    2021年7月8日 11時55分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0124623

    (出典 img.cinematoday.jp)


     俳優ロバート・ダウニー・Jr.さんの父で、映画監督・俳優として活躍したロバート・ダウニー・Sr.さんが現地時間7日、85歳で亡くなった。ダウニー・Jr.さんが自身の公式Instagramで明かしている。

     ダウニー・Sr.さんは1936年6月24日、アメリカ・ニューヨーク州生まれ。1969年に手がけた風刺コメディー映画『パトニー・スウォープ(原題) / Putney Swope』で注目を浴びると、その後も『パウンド(原題) / Pound』(1970)、『グリーサーズ・パレス(原題) / Greaser's Palace』(1972)、ドラマ「ミステリー・ゾーン」(1959~1965)の数エピソードなどを監督。また、役者として『ブギーナイツ』(1997)、『マグノリア』(1999)といった話題作にも出演した。

     息子ダウニー・Jr.さんによると、ダウニー・Sr.さんはパーキンソン病を患っていたといい、長い闘病生活の末、静かに息を引き取ったという。Instagramでダウニー・Jr.さんは「父は異端的なフィルムメーカーであり、常に楽観的な人だった」とコメント。投稿には『アベンジャーズ』シリーズで共演したジェレミー・レナーさん、グウィネス・ パルトローさん、クラーク・グレッグさんらが追悼メッセージを寄せている。(編集部・倉本拓弥)


    【【訃報】ロバート・ダウニー・Jr.の父、映画監督ロバート・ダウニー・Sr.さん85歳で死去 】の続きを読む

             


    (出典 www.m-on.press)



    1 君の名は(埼玉県) (ワッチョイW 03ca-4x/S) :2021/07/13(火) 06:27:18.83

    乃木坂なんか使わなきゃこうなのよ

    <東京リベンジャーズ>公開3日で興収7億円 動員数50万人超の好スタート
    https://news.yahoo.co.jp/articles/11162e91fc016b8629b4098adbf8787621d9dfb0


    【映像研の監督の新作映画が大好評!!!】の続きを読む

             


    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2021/07/06(火) 09:49:40.84

    https://nordot.app/784941114270449664?c=39550187727945729

    リチャード・ドナーさん(米映画監督)米メディアによると5日、ロサンゼルスで死去、91歳。
    死因は明らかにされていない。「スーパーマン」(78年)や「グーニーズ」(85年)、
    「リーサル・ウェポン」シリーズなど数々の人気作品を手掛けた。

    30年、ニューヨーク・ブロンクス生まれ。ニューヨーク大で舞台芸術などを学んだ後、
    俳優やテレビの番組制作を経て、映画監督として活躍。76年の「オーメン」で高い評価を受けた。

    93年には妻と会社を立ち上げ、「X―MEN」シリーズなどをプロデュース。
    携わった作品の興行収入は計10億ドル超に上るとされる。


    【【訃報】米映画監督、リチャード・ドナーさん死去。享年91。】の続きを読む

             


    (出典 theriver.jp)



    1 Alan Smithee :2021/04/16(金) 01:29:32.78

    日本でもNHKで放送されていた大ヒット海外ドラマ「大草原の小さな家」の大黒柱
    チャールズ・インガルス役で有名な俳優マイケル・ランドンを父に持ち、同じく
    俳優の兄マイケル・ランドンJr、姉も同じく俳優のShawna Landon、妹も同じく
    俳優のジェニファー・ランドンで自分は映画監督という芸能一家で只今、日本で公開中の最新映画「ザ・スイッチ」は大ヒット中で前作の「ハッピー・デス・デイ/2U」はアメリカでは大ヒットしてすぐさま続編が製作され、日本でも大好評
    だった今が旬の絶好調ホラー映画監督クリストファー・B・ランドン監督作品は
    勿論の事、脚本のみの参加作品や製作・製作総指揮のみ携わった映画など全てを語るクリストファー・B・ランドン/スーパー・アルティメットパーフェクトスレ


    ■クリストファー・B・ランドン[allcinema]https://www.allcinema.net/person/794604

    ◆関連スレ◆
    【私がアイツで】   ザ・スイッチ  《R-15》  【アイツが私で】
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/cinema/1607189641/[映画作品・人]
    【*堂々巡り】 ハッピー・デス・デイ/2U 【ループ地獄】
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/cinema/1561832018/[映画作品・人]


    【新進気鋭のホラー映画監督クリストファー・B・ランドン作品総合】の続きを読む

             


    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/07/02(金) 22:41:32.27 ID:CAP_USER9.net

    2021.7.2 Fri 13:50

    先日、「あと1本」を撮ったら監督業から退くと改めて宣言したクエンティン・タランティーノが、ポッドキャスト「Joe Rogan Experience」に出演。「もしも『キル・ビル Vol.3』を作ることになったら…」という仮定のもと、頭の中にある構想を明らかにした。

    「20年後のキャラクターたちを再訪することになるでしょうね。ブライドと娘のB・Bが、平和な20年間を送っていると想像するんです。その平和が破壊され、ブライドとB・Bは逃げ回ることになる。
    ユマと娘のマヤをキャスティングできたらと考えると、最高に興奮します」と語っている。前2作では主人公のブライドはユマ・サーマン、前作に登場したB・Bはパーラ・ヘイニー=ジャーディンが演じていた。

    ユマは『キル・ビル Vol.2』の撮影中の事故で大けがを負い、タランティーノ監督を批判した過去もあったが、監督の謝罪を受け入れ和解。「素晴らしい役を書いてくれれば、また一緒に仕事をしたい」と再コラボの可能性も示した。
    ユマが元夫のイーサン・ホークともうけた娘のマヤ・ホークはここ数年で頭角を現し、「ストレンジャー・シングス」のロビン役でブレイク。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でタランティーノ監督作にも出演済みだ。親子共演の実現に期待が高まる。
    《Hiromi Kaku》

    https://s.cinemacafe.net/article/2021/07/02/73621.html


    【【映画】『キル・ビル vol.3』を製作するならユマ&マヤの親子共演を熱望】の続きを読む

             


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 風吹けば名無し :2021/05/25(火) 20:16:15.95 ID:PocZiGcp0.net

    ワイ「ジョーズです」


    【面接官「スティーブン・スピルバーグ監督の最高傑作映画を挙げてください」】の続きを読む

             


    (出典 s.japanese.joins.com)



    1 名無しさん必死だな :2021/05/22(土) 12:10:49.32


    ねとらぼ調査隊では、5月3日から5月16日まで、
    「宮崎駿監督の長編アニメ映画で一番好きな作品はなに?」
    というテーマでアンケートを実施しました。
    早速結果を見ていきましょう。

    1ラピュタ
    2ナウシカ
    3ルパン三世カリオストロの城
    4もののけ
    5紅の豚
    6千と千尋
    7魔女の宅急便
    8ハウル
    9トトロ
    10風立ちぬ
    11ポニョ

    画像

    (出典 i.imgur.com)

    2

    (出典 i.imgur.com)


    https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/216673/3


    【宮崎駿 監督アニメ映画ランキング は?】の続きを読む

             


    (出典 animeanime.jp)



    1 見ろ!名無しがゴミのようだ! :2021/05/03(月) 00:12:43.22

    宮崎(千と千尋、もののけ、ナウシカ)>>>>>>>>>冨野(ガンダム)>庵野(エヴァ)>新海(君の名は、天気の子)>今敏(パプリカ)>押井(パトレイバー、攻殻機動隊)>ゴロウ(ゲド、コクリコ)>細田(バケモノ、おおかみ)


    【適当にアニメ映画監督ランキング】の続きを読む

             


    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 17:56:36.57 ID:E05BJ6Dk0.net BE:738130642-2BP(1111)


    (出典 img.5ch.net)

    ポン・ジュノ監督が選ぶ「お気に入りの映画」35作品

    第92回アカデミー賞で作品賞をはじめ4冠に輝いた「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督は、
    マーティン・スコセッシ監督やクエンティン・タランティーノ監督をはじめ、キム・ギヨン監督、今村昌平監督、
    木下惠介監督ら優れた映画監督たちの大ファンであることを公言している。このほど、米IndieWireが、
    ポン監督が過去に「お気に入りの映画」としてあげた35作品を紹介した。

    「ドゥ・ザ・ライト・シング」(1989/スパイク・リー監督)
    「幸福なラザロ」(2018/アリーチェ・ロルバケル監督)
    「パルプ・フィクション」(1994/クエンティン・タランティーノ監督)
    「寝ても覚めても」(2018/濱口竜介監督)
    「アギーレ 神の怒り」(1972/ベルナー・ヘルツォーク監督)
    「大人は判ってくれない」(1959/フランソワ・トリュフォー監督)
    「楢山節考」(1958/木下惠介監督)
    「マルコヴィッチの穴」(1999/スパイク・ジョーンズ監督)
    「悲情城市」(1989/ホウ・シャオシェン監督)
    「CURE」(1997/黒沢清監督)
    「ファニーとアレクサンデル」(1982/イングマール・ベルイマン監督)
    「脱出」(1972/ジョン・ブアマン監督)
    「ファーゴ」(1996/ジョエル・コーエン監督)
    「大脱走」(1963/ジョン・スタージェス監督)
    「下女」(1960/キム・ギヨン監督)
    「赤い殺意」(1964/今村昌平監督)
    「異魚島」(1977/キム・ギヨン監督)
    「ライフ・イズ・スウィート」(1991/マイク・リー監督)
    「歴史は女で作られる」(1956/マックス・オフュルス監督)
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015/ジョージ・ミラー監督)
    「地球に落ちて来た男」(1976/ニコラス・ローグ監督)
    「ヘレディタリー 継承」(2018/アリ・アスター監督)
    「ナッシュビル」(1975/ロバート・アルトマン監督)
    「サイコ」(1960/アルフレッド・ヒッチコック監督)
    「レイジング・ブル」(1980/マーティン・スコセッシ監督)
    「天才マックスの世界」(1998/ウェス・アンダーソン監督)
    「セコンド」(1966/ジョン・フランケンハイマー監督)
    「遊星からの物体X」(1982/ジョン・カーペンター監督)
    「来るべき世界」(1936/ウィリアム・キャメロン・メンジース監督)
    「黒い罠」(1958/オーソン・ウェルズ監督)
    「アンカット・ダイヤモンド」(2019/ジョシュ・サフディ、ベニー・サフディ監督)
    「復讐するは我にあり」(1979/今村昌平監督)
    「恐怖の報酬」(1952/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督)
    「ウェンディ&ルーシー」(2008/ケリー・ライヒャルト監督)
    「ゾディアック」(2007/デビッド・フィンチャー監督)

    https://eiga.com/news/20210503/5/


    28 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:09:10.57 ID:lwqw5LrF0.net

    >>1
    娯楽性高いのばっかじゃん


    5 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:00:02.76 ID:16+qcJQR0.net

    キュアってそんなか?


    8 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:01:16.60 ID:XrmhKLDX0.net

    >>5
    個人的にはアカルイミライが一番好きだけど
    黒沢清で1本選べっていったらふつうCUREになるんじゃないの?


    20 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:05:12.33 ID:4wmoKRJm0.net

    大脱出?!


    30 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:09:37.19 ID:yo97mRun0.net

    >>20
    ポスターでクソみたいなネタバレぶっ込んできた映画のことは忘れろ

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    27 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:08:33.57 ID:hcI0Jgz40.net

    日常的なシーンなのに不穏な感しがするのが好きそう


    29 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:09:29.08 ID:GNxx56o2d.net

    あれ この前*なかったか


    32 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:11:14.84 ID:ok3Q5Avf0.net

    >>29
    キムギドクの方でしょ
    僕はギドクの映画の方が好きだが


    36 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:19:21.91 ID:dIUZIbjK0.net

    たいした映画入ってないな


    40 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:21:16.67 ID:LzjFCtQq0.net

    >>36
    その「たいした映画」を挙げてみて


    38 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:20:16.13 ID:ms/PIGvy0.net

    復讐するは我にありって面白いの?


    39 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/04(火) 18:20:18.35 ID:M4/lEIBH0.net

    今村昌平ばっかり選んでるけど楢山節考は木下恵介の方なのか


             


    (出典 news.mynavi.jp)



    1 風吹けば名無し :2021/04/17(土) 01:26:55.53 ID:E1mJT9Qkd.net

    やめてくださいよぉ!


    【北野武映画、名言が一つしかない】の続きを読む

             


    (出典 i.ytimg.com)



    1 名無シネマ@上映中 :2020/01/25(土) 10:36:17 ID:MGVG5Ezb.net

    公式サイト
    https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama/
    公式Twitter
    https://twitter.com/kinema_kamisama

    監督:山田洋次
    脚本:山田洋次・朝原雄三
    原作:原田マハ「キネマの神様」(文春文庫)

    ゴウ:志村けん・菅田将暉
    淑子:宮本信子・永野芽郁
    (deleted an unsolicited ad)


    【【山田洋次監督】キネマの神様】の続きを読む

             


    (出典 theriver.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/02/25(木) 06:31:12.54 ID:CAP_USER9.net

    2021年2月24日 22時01分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0121840

    (出典 img.cinematoday.jp)


     スティーヴン・キングがリチャード・バックマンという名義で手掛けた小説「バトルランナー」が、エドガー・ライト監督によって映画化されるとDeadlineが報じた。

     1987年に公開されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『バトルランナー』のリメイク作品ではなく、キングの原作を忠実に、ライト監督と『スコット・ピルグリムVS. 邪悪な元カレ軍団』のマイケル・バコールが共同で脚色する予定。『X-MEN』シリーズの製作者サイモン・キンバーグの制作会社が、パラマウント・ピクチャーズのもとで企画している作品となる。

     キングの原作は、西暦2025年、環境汚染で荒廃し巨大な管理国家と化したアメリカが舞台。失業者ベン・リチャーズが、全米を巨大なフィールドにして「人間狩り」をするという人気番組「ランニング・マン」に出場し、1か月逃げ通して10億ドルの賞金を得るか、カメラの前で容赦なく*れるかのデスレースに挑戦するというストーリー。

     その他、ライト監督の新作は、ドキュメンタリー映画『ザ・スパークス・ブラザース(原題) / The Sparks Brothers』が、現地時間の1月28日から2月3日までオンライン開催されたサンダンス映画祭でプレミアが行われた。さらに『ラスト・ナイト・イン・ソーホー(原題) / Last Night In Soho』は、今年の10月22日フォーカス・フィーチャーズ配給で米公開が予定されている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


    【エドガー・ライト監督が「バトルランナー」を映画化】の続きを読む

    このページのトップヘ