movie閲覧

映画・ドラマ・芸能情報を、まとめるサイトです。
特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
宜しくお願いします。

    特に映画が中心ですが、ドラマ・芸能情報も載せてます。
    映像等も載せます。

    カテゴリ: アドベンチャー

             


    (出典 www.asahicom.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/10/08(金) 14:35:49.099

    いたら純粋に尊敬するわ


    【特撮作品 全シリーズ全話見てる特撮オタクっているの?】の続きを読む

             


    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/12(日) 18:55:46.507 ID:Bq4Cug1K0.net

    隠れた名作だよな


    【ハムナプトラって映画知っとる奴おる?】の続きを読む

             


    (出典 marvel.disney.co.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/07(火) 04:46:48.568

    オワコン化しないの?


    【アイアンマンとキャプテンアメリカ抜けてやっていけんの?】の続きを読む

             


    (出典 i-ogp.pximg.net)



    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/08/09(月) 17:04:16.41 ID:kmgUKWWE0.net BE:812626122-2BP(1000)


    (出典 img.5ch.net)

    愚者の意志

    http://www.abe.potter.com/


    【映画「アベーポッター」にありがちなサブタイトル】の続きを読む

             


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 :2021/06/13(日) 21:36:29.04 ID:uX+J//tp0●.net BE:323057825-PLT(13000)


    (出典 img.5ch.net)

    DC映画『アクアマン』が「土曜プレミアム」(フジテレビ)で地上波初放送されることが分かった。

    土曜プレミアムのサイトを確認すると、6月26日放送分までスケジュールが決まっていることから、
    『アクアマン』の放送は7月に入ってからになるのではないかと思われる。

    本作は海底国アトランティスの末裔アクアマンと、人類の征服をもくろむ海底帝国や巨大モンスターとの海中バトルが繰り広げられるアクション映画。
    監督は「ソウ」シリーズや『ワイルド・スピード SKY MISSION』を手掛けたジェームズ・ワンが務めている。
    IGNのレビューでは、「監督のマニアックな超大作はバカバカしさで満ちており、理屈上はうまくいきそうにもない。
    しかし、あまりにもすべてが狂気の沙汰で、しかも堂々としているので、この目のくらむようなファンタジー娯楽作の誘惑には抵抗しようがない」と7.5点を獲得していた。

    ジェームズ・ワン監督は先日、『アクアマン』続編の正式タイトルを発表している。
    続編の公開日はまだ未発表だが、今回の地上波放送は続編にむけて予習・復習をするいい機会となりそうだ。

    『アクアマン』の地上波初放送が決定!DC映画史上最高の興行収入をたたき出した記録をもつ人気作
    https://jp.ign.com/aquaman-feature-film/52557/news/dc


    【【朗報】「アクアマン」地上波放送決定】の続きを読む

             


    (出典 image.itmedia.co.jp)



    1 湛然 ★ :2021/06/12(土) 05:56:57.55 ID:CAP_USER9.net

    アベンジャーズ俳優も! 『グーニーズ』公開から36年、あの子役は今
    2021年6月11日 19時00分 クランクイン!
    https://www.crank-in.net/column/90627/1
    映画『グーニーズ』(1985)から36年 写真提供:AFLO

    (出典 www.crank-in.net)


     古地図を手に入れたイタズラ少年たちが海賊の残したお宝探しの冒険に繰り出す、アドベンチャー映画の傑作『グーニーズ』が、金曜ロードショーで今夜放送される。生意気盛りの子どもを演じたキャストたちも、今やすっかり良い大人に成長した。懐かしい彼らの今をお届けしよう。

     スティーヴン・スピルバーグの原案を元にクリス・コロンバスが脚本を手掛けた本作は、悪ガキ仲間「グーニーズ」が、伝説の大海賊が残した地図を頼りにお宝探しをする、冒険アドベンチャー映画。
    次々襲いかかる海賊の仕掛けた罠に加え、お宝を狙う犯罪者親子の猛追に、少年たちは絶対絶命の大ピンチ。ちょっぴり下品なジョークや、ほのかなロマンスもたまらない、大人から子どもまで世代を越えて夢中になれる痛快な一作だ。

    ★ショーン・アスティン(マイキー役)

     本作の主役、マイキーことマイケル・ウォルシュを演じるのは、ショーン・アスティン。本作に出演したのち、ティーン時代に『ローズ家の戦争』や『メンフィス・ベル』などに出演。2000年代には、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作で、主人公フロド・バギンズと共に旅するサム役を演じた。浮き沈みはあるものの、その後も映画やテレビドラマに出演を続け、近年はNetflixの大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス』に、ウィノナ・ライダー演じるジョイスの恋人役で出演。80年代を知るファンを歓喜させた。プライベートでは、92年に結婚した妻との間に、24歳を筆頭に3人の子どもがいる。

    ★コリー・フェルドマン(マウス役)

     スペイン語を操る、おマセで口の達者な悪ガキ、マウスことクラーク・デヴリュー。演じるのは、『スタンド・バイ・ミー』でもおなじみのコリー・フェルドマン。『13日の金曜日・完結編』や『グレムリン』、『メイフィールドの怪人たち』など当時のヒット作に次々出演し、人気子役スターの座を手にした。しかし90年代になるとドラッグに溺れ、それに伴いキャリアも低迷。以後は紆余曲折を経て、今はリアリティー番組などに出演。『13日の金曜日』の新作にも意欲を見せている。その一方で、子役仲間で親友だった故コリー・ハイムさんと共に、ティーンの頃に業界の男性から性的虐待を受けたことを告発。2020年にはこれを題材にドキュメンタリー『My Truth: The Rape of 2 Coreys(原題)』を発表した。しかしオンラインで予定していたプレミアでトラブルが発生し、配給先を見つけるのに苦労するなど、コリンの望む反響は得られていないようだ。

    ★ジェフ・コーエン(チャンク役)

     食いしん坊でドジだけど、人から好かれる少年チャンク。ほっこりした空気とともに、波乱を運び込むキャラクターだ。演じるジェフ・コーエンは、マイケル・J・フォックス主演の『ファミリータイズ』など、テレビを中心にいくつかの作品に出演した後、1991年を最後に演技の仕事から離れた。その後ロースクールに入学し、今では芸能関係を専門に手掛ける弁護士としてロサンゼルスに自身の事務所を構え、業界誌Varietyが選出する「力のある弁護士2021年」にも選ばれた。ビジネス書を出版するなど成功を収めている。

    ★キー・ホイ・クァン(データ役)

     自作のメカを操る発明好きな中国系の少年、データことリッキー・ワン。演じるのは、本作の前年に公開された『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』で、すでにブレイクしていたキー・ホイ・クァン。彼は、本作の後いくつかの作品に出演したのち、武闘家に転身。スタントコーディネーターとして『ザ・ワン』や『X‐MEN』に携わった。以来しばらく裏方として映画に関わってきたが、今年Netflixの映画『オハナ』で表舞台に復帰し、『グーニーズ』世代をざわつかせている。


    【【映画】アベンジャーズ俳優も! 】の続きを読む

             


    (出典 epokal.com)



    1 名無しさんにズームイン! :2021/06/10(木) 23:26:00.63

    21:00~22:54
    視聴者から多数のリクエスト!海賊の財宝を探しに少年少女が大冒険
    ★スティーヴン・スピルバーグが手がけたドキドキワクワクの名作を豪華声優陣の吹き替え版で!

    <マイキー>ショーン・アスティン(藤田淑子) <ブランド>ジョシュ・ブローリン(古谷徹)
    <チャンク>ジェフ・コーエン(坂本千夏) <アンディ>ケリー・グリーン(富沢美智恵) 
    <マウス>コリー・フェルドマン(野沢雅子) <データ>キー・ホイ・クァン(菅谷政子)
    <ステファニー>マーサ・プリンプトン(岡本麻弥) <ママ>アン・ラムジー(遠藤晴)
    <スロース>ジョン・マツザック(郷里大輔)

    https://kinro.ntv.co.jp/


    【金曜ロードショー「グーニーズ」★1】の続きを読む

             


    (出典 alchemist-of-babylon.com)



    1 風吹けば名無し :2021/06/07(月) 22:43:45.04 ID:8mpdRRCwr.net

    日本映画の制作費ランキング

    1位 「ファイナルファンタジー」(技術開発費込み):167億0000万円
    2位 「クライシス2050」(日米合作):70億0000万円
    3位 「20世紀少年」(全章総計):60億0000万円
    4位 「天と地と」:50億0000万円
    4位 「落陽」:50億0000万円
    6位 「敦煌」:45億0000万円
    7位 「GANTZ」(2作合計):40億0000万円
    8位 「男たちの大和/YAMATO」:25億0000万円
    9位 「復活の日」:24億0000万円
    10位 「K20 怪人二十面相・伝」:20億0000万円
    10位 「ヤッターマン」:20億0000万円
    10位 「日本沈没」:20億0000万円
    13位 「戦国自衛隊1549」:15億0000万円
    14位 「ローレライ」:12億0000万円
    15位 「大日本人」:10億0000万円
    15位 「ホワイトアウト」:10億0000万円
    17位 「GOEMON」:8億5000万円


    【映画ファイナルファンタジー 制作費167億!!】の続きを読む

             


    (出典 eiga.k-img.com)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/05/13(木) 02:08:47.743

    あるやん?


    【インディ・ジョーンズって映画あるやん?】の続きを読む

             


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 風吹けば名無し :2021/04/22(木) 02:20:45.48 ID:M/Qw9WUea.net

    なんでや…


    【なぜ、ナルニア国物語の続編を制作しないのか?】の続きを読む

             


    (出典 news.mynavi.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/12/12(土) 17:36:10.32

    Sawady
    2020.12.12 12:30 News | Tv/Movie
    https://theriver.jp/ij5-shooting-2021-spring/

    (出典 theriver.jp)


    大ヒット冒険映画シリーズ『インディ・ジョーンズ』第5作(タイトル未定)の撮影が、2021年春より開始されることがわかった。米ディズニーの投資家向けイベント「Disney Investor Day 2020」にて発表されたとして、米Deadlineが伝えた。

    Lucasfilm is in pre-production on the next installment of Indiana Jones. At the helm is James @Mang0ld, director of Ford v Ferrari, and Indy himself, Harrison Ford, will be ba* to continue his iconic character’s journey. Adventure arrives July 2022.

    ― Disney (@Disney) December 10, 2020

    第5作の撮影は2020年内の開始が見込まれていたものの、従来のシリーズ作品を手がけたスティーブン・スピルバーグの監督降板と、前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)を執筆したデヴィッド・コープの企画離脱、そしてコロナ禍の影響等が重なり、先送りとなっていた。

    スピルバーグの後任監督には、『LOGAN/ローガン』(2017)『フォードvs*ーリ』(2019)のジェームズ・マンゴールドが抜擢。プロデューサーを務めるフランク・マーシャルによれば、現在はマンゴールドが脚本作業を進めているという。

    また、度重なるスケジュールの延期により、出演に懸念の声が上げられていた主演のハリソン・フォードだが、このたびの発表で改めて続投することが発表された。2021年春に撮影開始ということで、今後のキャスティング情報も待ちたいところだ。

    映画『インディ・ジョーンズ』第5作(タイトル未定)は2022年7月29日に米国公開予定。


    【【映画】『インディ・ジョーンズ』第5作、2021年春に撮影へ】の続きを読む

             


    (出典 image.video.dmkt-sp.jp)



    1 風吹けば名無し :2021/02/05(金) 04:38:21.31 ID:rM3tcw140.net

    何かある?


    【ハリポッターを映画しか観てないワイが知らなそうな原作の設定】の続きを読む

             


    (出典 av.watch.impress.co.jp)



    1 muffin ★ :2021/01/26(火) 17:36:52.06 ID:CAP_USER9.net

    https://natalie.mu/eiga/news/413787

    ハリソン・フォード主演作「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」の日本公開40周年を記念して、4Kリマスター版が3月5日より全国の4DXシアターで期間限定上映される。

    ジョージ・ルーカスが製作総指揮に名を連ね、スティーヴン・スピルバーグが監督を務めた本作は「インディ・ジョーンズ」シリーズの第1作にあたる冒険活劇。第2次世界大戦前夜の1936年を舞台に、神秘の力を宿しているという契約の箱“アーク(聖櫃)”を巡って、アメリカの考古学者インディ・ジョーンズとナチスドイツが争奪戦を繰り広げる。

    「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」
    「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」[拡大]

    インディが“アーク”を求めて砂漠地帯やジャングルを駆け巡る場面、銃撃戦や走る車にしがみ付くといったアクション、巨大な岩が転がってくるトラップなどが、4DXの演出で臨場感たっぷりに体感できる。YouTubeではオリジナル予告編が公開中。

    『レイダース失われたアーク《聖櫃》』4Kリマスター版4DX 3月5日(金)公開

    (出典 Youtube)



    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    【日本公開40周年、「レイダース 失われたアーク」4Kリマスター版4DXで3月5日公開】の続きを読む

             


    (出典 tennimuhou.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/01/22(金) 08:04:49.26 ID:CAP_USER9.net

    2021年1月20日 10時56分


    (出典 img.cinematoday.jp)

    ジョニー・デップも演じたウィリー・ウォンカ - 映画『チャーリーとチョコレート工場』(2005)より - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ


     児童小説「チャーリーとチョコレート工場」(邦題:チョコレート工場の秘密)の前日譚を描く映画『ウォンカ(原題) / Wonka』の全米公開日が、2023年3月17日に決定した。The Hollywood Reporter などが報じた。

     タイトルになっているウォンカとは、2005年の映画『チャーリーとチョコレート工場』ではジョニー・デップが演じたことで知られるエキセントリックな工場長ウィリー・ウォンカのこと。引き続き米ワーナー・ブラザースが手掛ける本作では、世界で最も有名なチョコレート工場をオープンする前の、若き日のウォンカの冒険が描かれる。

     監督は『パディントン』シリーズのポール・キング監督で、製作は『ハリー・ポッター』シリーズのデヴィッド・ハイマン。ピクサーの『インサイド・ヘッド』などにも参加したことのある脚本家のサイモン・リッチが執筆した初稿を、現在はキング監督と、彼と『パディントン2』を共同執筆したサイモン・ファーナビーが改稿している。

     これまでロアルド・ダールの児童書「チャーリーとチョコレート工場」を映画化した作品には、1971年にジーン・ワイルダーさんが主演した『夢のチョコレート工場』と2005年にジョニー・デップが主演した『チャーリーとチョコレート工場』がある。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

    https://www.cinematoday.jp/news/N0121155


    【「チャーリーとチョコレート工場」前日譚、2023年3月公開!】の続きを読む

             


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/01/14(木) 18:14:29.03 ID:CAP_USER9.net

    2021年1月13日 22時02分
    全米ボックスオフィス考
    https://www.cinematoday.jp/news/N0121029

    (出典 img.cinematoday.jp)


     先週末(1月8日~1月10日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、DC映画『ワンダーウーマン 1984』が興行収入300万ドル(3億1,500万円)で3週連続となる首位を記録した。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル105円計算)

     新型コロナウイルスの影響で大規模公開の新作がゼロだったため、前回からほとんど動きのないトップ10となった。『ワンダーウーマン 1984』は首位の座は守ったものの、前週比45.5%ダウンと厳しい興行が続いている。コロナ禍における措置として、同作はアメリカでは劇場公開と同時にワーナーの動画配信サービス「HBO Max」でも追加料金なしで配信されている。累計興収は3,260万ドル(約34億2,300万円)で、それに海外興収を加えた世界興収は1億3,210万ドル(約138億7,050万円)となった。(編集部・市川遥)

    1月8日~1月10日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
    1(1)『ワンダーウーマン 1984』
    2(2)『ザ・クルーズ:ア・ニュー・エイジ(原題) / The Croods: A New Age』
    3(3)『ニュース・オブ・ザ・ワールド(原題) / News of the World』
    4(4)『モンスターハンター』
    5(5)『ファタール(原題) / Fatale』
    6(6)『プロミシング・ヤング・ウーマン(原題) / Promising Young Woman』
    7(7)『ピノキオ(原題) / Pinocchio』
    8(8)『ザ・ウォー・ウィズ・グランパ(原題) / The War with Grandpa』
    9(10)『カム・プレイ(原題) / Come Play』
    10(9・再上映)『エイリアン』


    【『ワンダーウーマン 1984』がV3!】の続きを読む

    このページのトップヘ